コタ的パラリンピックハイライト・びっくりぽん、女子も参加

コタ的パラリンピックハイライト・びっくりぽん、女子も参加

車いすラグビーは日本対カナダの3位決定戦の真っ最中。
そりゃ、日本の応援だと思ってたんだけど……
なんと、カナダチームは途中から女性のミランダ選手を投入!
って、車いすラグビーって、男女混合競技だったのっ!?
こんなに激しい競技なのにっ!
そういうのって、先にいってよっ!
車いすラグビーは、障害の重さによって競技者にそれぞれ0.5から3.5のクラス分けがあって、4人のチーム合計は8点以内でなければならないっていうルールがあるんだけれど、女性選手が一人入ると、チーム合計点数を0.5点増やせるんだって。
というわけで、コタはこっからはカナダを全力応援っ!
行けっ!カナダチームっ!
日本なんかぶっつぶせっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的パラリンピックハイライト・あの人はいま

コタ的パラリンピックハイライト

パラリンピックって、えっ?あの人が?と思う人が、選手として大活躍しているケースもあるよね。
今日見つけたのびっくりぽんな名前は、イタリアのアレッサンドロ・ザナルディ選手。
自動車レース最高峰シリーズの一つ、CARTの2年連続チャンピオンで、F1でも走っていた有名なドライバー。
2001年に事故で両足を切断したあとも、自動車レースで走っていたんだけれど、その後、ハンドサイクルに転向、ロンドンパラリンピックですでに金メダル二つ、銀メダル一つを獲得しているんだね。
リオでも、ハンドサイクルのH5クラスのロードタイムトライアルで金メダル!
今やっている同じクラスのロードレースでも暫定2位ってなってるんだけど、オリンピックと違って、全種目の放送がないパラリンピック。
う~ん、どんな状況になってるのか、気になるぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的パラリンピックハイライト・辻沙絵選手かっこいい!

コタ的パラリンピックハイライト

凄いスピード!凄いジャンプ力!凄いシュート!
右ひじから先がなくても、努力と工夫でハンドボールで大活躍していた辻沙絵選手。
大好きなハンドボールから陸上への転向には、とてつもない葛藤があったそうだけれど、そうした部分も全部含めて、すんごくかっこいいね。
実はコタ、100メートルの7位のときもすんごく感動したんだ。
だから、400メートルの銅メダル、ほんとうによかったなぁ、って思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的パラリンピックハイライト・超ハード、車いすテニス

コタ的パラリンピックハイライト

車いすテニスがここまでハードだとは思わなかったよ。
コートのかなり後方を、ボールを追いかけて走る、走る。
2バウンドまでOKってことだから、なおさら走る、走る。
腕の力だけでコートを自在に動き、ボールを打つんだから、とんでもない持久力が必要なんだね。
コタ、恐れ入りました。
しかも、上地選手、2時間40分を越えるシングルス準決勝のあと、ダブルスの3位決定戦もあったんだよね。
どちらも負けちって悔しいだろうけど、明日のシングルス3位決定戦まで、まずは身体を休めてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的パラリンピックハイライト・一緒にやりたいゴールボール

コタ的パラリンピックハイライト

目隠しをすれば誰でも一緒に競技ができるゴールボール。
パラリンピック種目だけれど、オリンピックでやったっていいんじゃないかっていう競技だよね。
競技中の応援は音出しは厳禁。
ボールの中に入っている鈴の音で、位置を測っているからね。
石川佳純選手みたいな顔の観客があっちこっちにいそうだね。
ブラジルチームの選手のボールの投げ方が独特!
股の間から投げてるね。
すんごいパワーがありそう。
このチームからの失点を1点にしのいだ日本チームは予選初勝利。
コタも出られないかな?
足ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的甲子園ハイライト・たま対こたろう

コタ的甲子園ハイライト・たま対こたろう

作新学院のバッター、こたろう君と、北海高校のピッチャー、たま君が対決。
試合は作新学院が勝ったけど、4打数0安打1四球のこたろう君に対して、ピッチャーとして6回を2失点に抑え、バッターとしては3打数3安打のたま君の活躍の方が、この試合に関しては光ったね。
いいの、たまちゃんに負けても。
コタだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的オリンピックハイライト・58歳の金メダリスト

コタ的オリンピックハイライト・5<br />
 8歳の金メダリスト

馬術競技が終わったね。
最後の障害馬術個人決勝は、6人がペナルティ0で並んで、ジャンプオフの勝負に。
最初に登場したイギリスのニック・スケルトン選手とBIG STAR号が、いきなり気迫あふれるスピード勝負に出て、見事落下ペナルティなし。
タイムも42秒82の好記録でいきなりあとから飛ぶ選手にプレッシャーをかける!
これに気圧されたのか、コタ的大本命、ロンドンオリンピックの金メダリスト、スイスのスティーブ・ゲルダ選手をはじめあとから飛んだ選手がまさかのペナルティで脱落。
スウェーデンのフレドリクソン選手が唯一、ペナルティ0で演技を終えたものの、タイムで及ばず、スケルトン選手が優勝!
勝ったニック・スケルトン選手は、1957年12月30日生まれ。
馬術競技の最高齢金メダリストに。
う~ん、やるな、おやっさん、見事な騎乗でした。
BIG STAR号もメダルのような飾りをつけてもらえてよかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的オリンピックハイライト・がんばれ5,000メートルのマーちゃん

コタ的オリンピックハイライト・がんばれ5,000<br />
 メートルのマーちゃん

予選でも先頭に飛び出して大健闘だった女子5,000メートルの上原選手。
決勝でも果敢に飛び出して、逃げる、逃げる、逃げる。

ま、この後、つかまっちったけどね。
でも、世界の15着!お疲れ様!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的オリンピックハイライト・長野県初の個人種目メダリスト誕生

コタ的オリンピックハイライト

なが~い夏季オリンピックの歴史の中で、数少ない個人種目メダル0県の一つだった長野県。
この日、なんとバトミントンの奥原選手、50km競歩の荒井選手が揃って銅メダル。
長野県のメダル数は一気に2つに。
1つっていう県も多いから、これで一気に獲得数の順位を上げたね。
しかも、二人ともドラマチックなメダル。
一人目奥原選手は、普通なら勝ってもらう銅メダルなのに、銅メダルマッチの中国選手の棄権で負けたまま銅メダル。
奥原選手も、銅メダルマッチに勝ってほしかったメダルだけにびみょ~んな感じ。
二人目荒井選手は、3位入線ながら、カナダ選手の「荒井選手にぶつけられてバランスを崩した」という抗議で一時失格に。
その後、日本側の「先に肘をぶつけたのはカナダ選手」という抗議で、上訴審で再審議の結果、荒井選手に責任がないと認められて銅メダル決定。
競歩ではこういう抗議はよくあることらしいけど、知らない素人はドキドキだよね。
ま、接触したときの様子は一見の価値あり。
メダルが取れなかったカナダの選手には、コタ的助演男優賞をあげよう。
そして、長野県の歓喜の陰に悲劇あり。
残る個人種目メダリスト不在県は沖縄県と福井県。
そのうち、福井県出身で今回メダルが期待されたのが、女子バトミントンの山口茜選手。
そう、奥原選手と準々決勝で対戦して、惜しくも敗れた山口選手。
たらればは禁物だけど、もし準々決勝で奥原選手に勝っていたら、最低でも銅メダルは取れていたことになるんだよね。
福井県の悲願は2020年以降に持ち越しに。
そして、実は今回、とっても惜しかった沖縄県。
ウエイトリフティング男子62キロ級の糸数選手、今回、わずかに3キロメダルに届かず4位。
ひょっとこしたら、リオで全県メダリスト誕生!ってことになってたかもしれなかったね。
そういうわけで、2020年は福井県出身と沖縄県出身選手をコタ的全力応援っ!
……忘れてなければね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタ的オリンピックハイライト・惜しかった470級

コタ的オリンピックハイライト・惜しかった470<br />
 級

10レースを終えて、5位につけたセーリング女子470級。
念願のメダルレースにチャンレンジ!
ポイントは持ち越しで、しかもメダルレースは倍。
トップのイギリスが抜け出しているけれど、2位ニュージーランド、3位アメリカ、4位フランス、5位日本は4ポイント差の大激戦で、どのチームがメダルを取ってもおかしくない状況。
メダルレースは一時いい位置につけて健闘したんだけれど、最後はゴール前大混戦で僅差の中での7着!
残念っ!メダルには届かず、5位のまま。
金イギリス、銀ニュージーランド。銅メダルはメダルレース6着だったフランス。
アメリカは最後は10着最下位だったのか。逆転されちったね。
そのフランスと日本の差はわずかに4ポイント。
惜しかった。ほんっとうに惜しかったね。
あれ?……ひょっとこして、日本6着、フランス7着だったら、メダルレースの順位で日本はフランスの上だったのかぁ。
くぅぅ、6秒差でメダルを逃したのか。
あ、でもその場合はオランダに1ポイント届かなくてオランダ銅、日本は4位か。
フランスと日本の順位が逆だったら、オランダの人たちは大喜びだったんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

KitKat | お祭り | お菓子・デザート | がんばろう日本 | くまねこまんま | くろみつの秘密兵器 | こたたまイベント | こたたまキャラ名鑑 | こたたまワイド劇場 | こたたま日記 | ごっこ遊び | その他のアルコール飲料 | その他のノンアルコール飲料 | アサヒ | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | オハヨー | オハヨー2 | カバヤ | ガンダム | ガーデニング | キリン | キリン・ノンアルコール | グルメ | サッポロ | サントリー | サントリー・ノンアルコール | シシオの缶グルメ | スポーツ | タッタくんの悪行 | タニタクッキング | ニュース | ノンアル・ソフトドリンク16 | パソコン・インターネット | ビアガーデン | ビアホール | ビール16 | マックスコーヒー | マンホール | レモン日記 | 一発芸 | 名所・旧跡 | 喫茶 | 地ビールを探せ! | 地ビールを探せ!2 | 宝くじ | 小説東熊猫宝鑑 | 居酒屋 | 建築 | 心と体 | 懸賞・キャンペーン | 扇雀飴本舗 | 散策 | 文化・芸術 | 旅2015 | 旅2016 | 旅グルメ | 旅行 | 昔懐かし写真館 | 映画・テレビ | 暮らし | 東京ポジティブで行こう | 株主 | 歴史 | 気になる… | 海豹戦隊がんばるじゃん | 炊飯器・クッキング | 熊猫16 | 熊猫3 | 狛犬・狐 | | 猫16 | 猫カルタ | 猫バトルニュース | 猫2 | 猫3 | 獅子の納税 | 産業 | 発祥の地・終焉の地 | 石・化石 | 石仏・石碑 | 社会 | 神社・仏閣05-07 | 神社・仏閣08- | 競馬05-07 | 競馬08 | 競馬09 | 競馬10 | 競馬11 | 競馬12 | 競馬13 | 競馬14 | 競馬15 | 競馬16 | 競馬16-2 | 競馬場グルメ | 自然・科学 | 芸能・アイドル | 草・木・樹・花 | 赤緑食合戦 | 違いのわかる・・・ | 銭湯・温泉 | 開発長官しらたま | 音楽 | 馬主 | 駅弁