« 強引でしょ | トップページ | 藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会 »

藤田菜七子騎手、今年26勝目・27勝目祝勝会

16023175301740

藤田菜七子騎手、本日2勝!東京盃3着と、模擬レース3着の悔しさをちっと晴らしたかな。
サナちゃんとコタ(競走馬)は残念な結果だったけど、JRA初のまるも3きょうだい一日3勝なんて記録もあったし、すごい一日だったね。
じゃ、コタの話が長くなるといけないから、かんぱ~い!

まず、今年のJRA26勝目は、新潟8レース。3歳以上1勝クラスの芝1600メートル戦で、3歳牡馬ヴェンチュラスターくんに騎乗して勝利!
出遅れ気味の最後方追走から、直線に向くと、すぐイン側にカラ馬がいる難しい状況にうまく対処して、上がり最速で全馬まとめて差し切り勝ち。
見事でした。
これで芝コースで44勝目、牡馬で37勝目。新潟競馬場は今年9勝目で通算46勝目。
新潟の芝コースでは21勝目の藤田菜七子騎手、実は芝1600メートルマイル戦はこれまで4度の3着が最高で、52戦目にして初勝利。
女性騎手による新潟芝1600メートル戦の勝利は、1996年10月26日新潟1レース2歳未勝利戦で田村真来騎手が15頭立て15番人気のフジヤマボーイくんで勝利、1999年8月1日新潟4レース3歳未勝利戦で細江純子騎手がレーシングスパイクくんで勝利、この2例だけで、菜七子騎手が21年2か月ぶりの3例目に。
いつもお世話になっている小島調教師の管理馬での勝利は7勝目になったね。これは自厩舎根本先生の6勝を抜いて2番目に多いんだよね。ちなみに一番勝たせていただいている先生は8勝の金成先生なんだよね。

次に、今年のJRA27勝目、通算117勝目は新潟12レース。3歳以上1勝クラスの朝日岳特別、芝1200メートル戦。騎乗したバカラクイーンちゃんとは8回目のコンビで、2019年8月17日3歳未勝利戦で勝ったことがあるんだよね。
レースはシトラスノキセキちゃんが逃げて、バカラクイーンちゃんが2番手で追う展開。最後の直線になってもそのままでなかなか差が詰まらなかったけれど、最後の最後にバカラクイーンちゃんが伸びて、ゴール盤では全くの一線。写真判定の結果、同着1位に。見ごたえのあるレースだったね。
菜七子騎手の同着1位は、2018年1月8日中山7レース、この年の初勝利だったビックリシタナモーくん以来で2度目だね。
芝コース通算45勝目、牝馬で80勝目に到達。牝馬の菜七子だよね。新潟競馬場は今年10勝目で通算47勝目。通年の新潟リーディングは今15勝だから、これで5勝差になったね。ちなみに、新潟第3回開催リーディングは、2着以下の差で横山武史がるに次ぐ2位につけたね。
新潟芝コースで22勝目。新潟では、芝でもダートでも結果を出しているよね。新潟芝1200メートル戦は4勝目になったね。
女性騎手の斤量2キロ減の恩恵がない特別レースの勝利は、今年2勝目で通算8勝目。8勝のうち、6勝が新潟競馬場。そして、芝コースが5勝、ダートコースが3勝なんだけれど、芝の5勝はすべて新潟競馬場。コタとしては、新潟競馬場通年開催案をJRAに進言しちゃおうかな。
いつもお世話になっている武井先生の管理馬での勝利は6勝目で自厩舎に並んで3位タイになりました。

以上、相変わらずどうでもいいコタの菜七カルトでした。

|

« 強引でしょ | トップページ | 藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会 »

競馬20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強引でしょ | トップページ | 藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会 »