« 藤田菜七子騎手、今年26勝目・27勝目祝勝会 | トップページ | 藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会名古屋会場です »

藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会

16024065153120

藤田菜七子騎手、今日1日で3勝で~す!
コタの話、すんごく長くなりそうなので、先に乾杯します。せ~の、かんぱ~い!!

藤田菜七子騎手の1日3勝以上は、2019年10月5日の4勝以来でこれが2度目。
土日合わせた1節5勝以上は、2019年10月5日・6日の5勝以来でこれが2度目の自己最多タイ。
今年のJRA30勝に到達し、通算も120勝に。
今日は芝で1勝、ダートで2勝。通算では芝46勝ダート74勝。
そして、今日はすべて牝馬での勝利だったので、通算で牝馬83勝。
新潟競馬場では今年13勝、通算50勝に到達。今年の通年の新潟リーディングは岩田望来騎手も今日3勝を挙げて17勝で福永騎手を抜いてトップに。
菜七子騎手は4勝差で現在3位。2着の差が大きいので、岩田望来騎手を抜くには最低5勝が必要。相手も好調だし、ちっと厳しいけど、あきらめずにがんばろう!お~!
新潟第4回開催リーディングは5勝で単独トップに立ったね。こちらも当面のライバルは4勝の岩田望来騎手だね。
2020年10月の勝利数もこれで5勝。2019年10月は10勝しているから、少しでもこれに近づきたいね。
1月~12月の月別の勝利数は10月が20勝になって、8月の19勝を抜いて最も勝っている月に。

じゃ、一つ一つのレースを見ていくと、今年28勝目は新潟2レース2歳未勝利ダート1200メートル戦の14番ノアヴィグラスちゃん。
五分のスタートから二の足で先頭に立つと、リードを保ったまま直線はどんどん突き放して楽勝。
いいレースだったね。
新潟ダート1200メートル戦は、もっとも勝ち鞍の多いコースで、これで16勝目。
そして、もっとも勝ち鞍の多い8枠で23勝目。このレース馬番14番で大外の一つ内側。先週までのデータで、菜七子騎手は8枠で大外でない偶数馬番のときの勝率12.7%、単勝回収率が164%。
はいっ、このデータ、前に菜七カルトで触れたよね。菜七カルトファンは確実に取れた馬券でした。ちゃんちゃん。

今年29勝目は新潟6レース2歳未勝利芝1000メートル戦の8番セピアノーツちゃん。
好スタートでハナに立ち、慎重に外ラチ沿いにつけると、後は突き放して完勝。18頭立ての8番枠で必ずしも有利でない中、お手本のような勝ち方でした。
芝コースで最も得意な新潟1000直での勝利はこれで74戦して10勝。単勝回収率154%。もう、美浦に足向けて眠れません。足ないけど。あっ、とうちんはひょっとして美浦に足向けてない?頭の向き、変えたほうがいいんじゃない?
ちなみに、芦毛馬での勝利はこれで121戦して4勝。勝率3.3%は他の毛色と比べて低いほうなので、覚えておこうね、なあちん。

今年30勝目は新潟7レース3歳以上1勝クラスダート1800メートル戦の9番ローズベリルちゃん。
逃げたヒロシゲサンライズくんを前に置いて2番手でレースを進め、直線で鞭を入れると楽に先頭に立って、そのまま押し切り。これも見事な勝利でした。
新潟ダート1800メートル戦は、ダート戦で2番目に勝ち鞍の多いコースで、これで11勝目。
若手騎手競争での勝利がこれで10勝目。ちなみに菜七子騎手がデビューした2016年3月以降、若手騎手競争で最も勝っているのが横山武史がるで13勝。菜七子騎手は10勝で4番目に多いんだよね。それにしてもデビュー年が遅い横山武史の13勝ってのはがるがるだな。
そんなわけで、最後にますます闘志を燃やすことになっちった今日の菜七カルトでした。

|

« 藤田菜七子騎手、今年26勝目・27勝目祝勝会 | トップページ | 藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会名古屋会場です »

競馬20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤田菜七子騎手、今年26勝目・27勝目祝勝会 | トップページ | 藤田菜七子騎手、1日3勝祝勝会名古屋会場です »