« 第4戦、悔しい2着 | トップページ | 先頭だ!後続は? »

運命の第5戦、まだ楽な手応え

Dvc00988

泣いても笑っても、これですべての結果が決まる第5戦。距離は伸びて芝2100メートル。
菜七子騎手の騎乗馬は9番Chilterns号。
Bランクの馬だけれど、もうランクなんて言っちゃいられない。頼むよぉ!
スタートして先頭に飛び出したのは、9番Chilterns号と、10番Miss Im号。
CランクのMiss Im号に騎乗するのは総合ポイントトップのJ.ラングレン騎手!これはイチかバチかの勝負に来たねっ!
1、2コーナーではインを利して先頭に立っていた菜七子騎手、向こう正面の直線に入ると、Miss Im号にハナを譲って2番手に。
Miss Im号が逃げ、3~4馬身差でChilterns号が追う展開、3番手集団はさらに5馬身ほど後方に。
3コーナーに入って、徐々にMiss Im号とChilterns号の差が詰まる!
菜七子騎手のChilterns号はまだ楽な手ごたえ。
先頭を捉えるか!?

|

« 第4戦、悔しい2着 | トップページ | 先頭だ!後続は? »

競馬19-1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第4戦、悔しい2着 | トップページ | 先頭だ!後続は? »