« 雨乞いという名の呪い | トップページ | 新橋まんまるへ »

イベント会場でクラフトビール

Dvc00909

がっかりしてイベント階まで下りてきたら、ちょうど大阪のクラフトビールのお店、エニブリュさんが出店してたんで、思わずテイスティングセット、頼んじったよ。
わ。こっちの方がおいしそうじゃん。
左上がエニブリュオリジナルの、ハイテンジューシーラガー。High Ten 10-C Lagerって表記するのかな。
アメリカンスタイルのライトラガーで、ホップの香りと苦みがガツンと来るね。
クセがあるわりに飲みやすくて、味のある褐色のビールだね。
右上は七柑塩麦と書いてセブンシトラスゴーゼ、これもエニブリュオリジナルビールだね。
7種類のオレンジの果汁と皮、それに塩を使っているんだね。
もう少し、シトラスがガツっときてもいいかなぁ。塩の味はかすかだね。
2段目と3段目の左が明石ブルワリーさんの明石海岸ビール・ピルスナー。
甘み、苦味とも控えめで、クセの少ないピルスナーかな。
3段目の右は京都醸造さんの夏の気まぐれ。
アメリカンスタイルのセッションIPAということだけど、セッションIPAらしいしっかりとしたホップの香りに対して、苦味が決してきつくないのが面白いね。
一番下は明石ブルワリーさんのシュヴァルツ。
ジャーマンスタイルで、見ての通りの黒ビール。
ロースト麦芽の甘みも、黒らしいクセもあるけれど、なあちんでも大丈夫な飲みやすい黒ってとこかな。
これで、外が雨なら最高だね。がる。

|

« 雨乞いという名の呪い | トップページ | 新橋まんまるへ »

ビール17」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115273/65643631

この記事へのトラックバック一覧です: イベント会場でクラフトビール:

« 雨乞いという名の呪い | トップページ | 新橋まんまるへ »