« 中央制御室 | トップページ | ごみが燃えると »

もったいないので

Dvc00531

ごみを燃やすときの燃料って、実はごみ自身。
最初だけは、都市ガスの力を借りるけれど、あとは次から次へと運ばれてくるごみだけで燃えるんだ。
せっかく高温で燃やしているんだから、ただ燃やすだけじゃもったいないよね。
それで熱エネルギーは温水プールや熱帯植物館などに売ったり、タダであげたりするんだって。
熱を売るってピンとこないけど、清掃工場全体で、約1,880,000チャリンの収入になるんだって。
そして、コタの目の前にある緑の箱は発電機。
焼却炉の廃熱を利用した火力発電だね。
清掃工場で発電した電気は、半分は工場で使って、残りの半分は東京電力に売るんだって。
その売り上げ、なんと104,000,000チャリン!
う~ん、がっぽりがっぽり!

|

« 中央制御室 | トップページ | ごみが燃えると »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もったいないので:

« 中央制御室 | トップページ | ごみが燃えると »