« バスの外へ | トップページ | 埋立地の中心でゴミ減量を叫ぶ »

限りがあるのよ

Dvc00384

広いように見える新海面処分場も、無限じゃないから、いつか尽きるときがくるんだよね。
そのとき、東京のゴミはどうなっちゃうんだろうね。
今は出来る限り長く使えるように、ゴミを減らす努力をしなくっちゃね。
実際、埋め立てるごみの量は、一番多かった昭和47年当時の1/7以下にまで減らせているからね。

|

« バスの外へ | トップページ | 埋立地の中心でゴミ減量を叫ぶ »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 限りがあるのよ:

« バスの外へ | トップページ | 埋立地の中心でゴミ減量を叫ぶ »