« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

逃げバテる

逃げバテる

う~ん、プレッシャーに負けた。
菜七子騎手とカゼノトビラちゃん、直線バテて14着。
プレッシャーをかけ続けた木幡初也騎手のサマーラヴくんが快勝!
ちっ!いい人だと思っていたコタがバカだったよっ!
お前なんか、今日からがるるーキーの兄だっ!
……あれっ?それは今までもそうか?
まあいい。今にいや~んな通り名をつけてやる。がるるるる。

今日は9着、11着、10着、14着か。
まあ、野中先輩の日だったね、今日はさ。
これでJRAの連敗が74?
ま、いいよ。騎手は負けるのが仕事って一面もあるんだから。
また来週、がんばろう!頑張り続ける限り、こたは応援するよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレッシャー

プレッシャー

くぅぅ。
菜七子騎手が逃げると、簡単に逃がしてくれないのよ、いぢわるな先輩たち。
今日も「いい人」木幡兄がプレッシャーをかけてくるし。
もうっ!気持ちよく逃げさせてよっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃げる!

逃げる!

おっ!カゼノトビラちゃん、逃げたっ!
これまでも先行するレースは多かったけど、逃げたのは久しぶりっ!
どうせ行くなら、思い切って行っちゃえっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でへへ

でへへ

でへへ。やっぱり最後に写った。でへへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でへへ肩透かし

でへへ肩透かし

だろうとは思いましたとも。
パドックで15番の後ろを歩いていたってことは、気性になにか難があるってことだろうからさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最終レースはカゼノトビラちゃんで勝負

最終レースはカゼノトビラちゃんで勝負

クイーンステークスはマコトプリジャールちゃんが福島牝馬ステークスに続き連勝!
アイビスサマーダッシュはベルカントちゃんがネロくんとの叩き合いを制して2連覇!
いやぁ、どちらも白熱のいいレースだったね。
というわけで、菜七子騎手の今日最後の騎乗馬はカゼノトビラちゃん。
新潟12レース唯一の牝馬ってことで、コタとしても力が入るのよ、がるる。
前走は初コンビで10着。今日は芝からダートにもどって1800メートル戦。
ダートでは長距離に入る距離をこなせるかどうかがポイントだね。
このレース、いつも菜七子騎手が乗っていたクリノロッキーくんが、がるるの言い難い大人蛯名騎手で出てくるんだよね。
ちっと不気味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり生はムリ

やっぱり生はムリ

競馬見続けているとうちんの生足、絶対ムリ。
汗でぬるぬる。びっしょり。くちゃい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もはやアッパレ

もはやアッパレ

野中先輩、10レースの岩室温泉特別も1番人気ドリームドルチェで勝って、今日3勝、今年7勝、初の特別勝ちのおまけつき。
根本先生も今日2勝で、今年の5勝目。
う~ん、アッパレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうした?野中先輩

どうした?野中先輩

ええっ?勝ったの野中先輩?
ネイチャーレットって根本厩舎?
……ちょっと、大丈夫?野中先輩?根本先生?
おかしいよ、二人とも。こんないい成績。
熱中症とかにかかってんじゃないの?
ちゃんと救護室に行ってみてもらった方がいいんじゃ?

……ま、いちおうおめでとうと言っておくかがるる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずるずるとじりじり

ずるずるとじりじり

う~ん、直線に入ってずるずると他馬に抜かれていくソムニアシチーちゃん。
最後方からじりじりとしか伸びてこないニシノカザブエちゃん。
結局、ニシノカザブエちゃんは10着、ソムニアシチーちゃんは11着。
ま、ソムニアちゃん、わかっているっちゃわかっているみたいだけど、負け過ぎでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソムニアちゃん、ハナをゆずる

ソムニアちゃん、ハナをゆずる

逃げるかと思ったソムニアシチーちゃん、アウェイクちゃんにハナをゆずって2番手の競馬。
菜七子騎手のニシノカザブエちゃんは最後方からの競馬。こちらは末脚を溜めたいタイプ。
さあ、どうなるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8レース、ニシノカザブエちゃん

8レース、ニシノカザブエちゃん

近3走は二ケタ着順の続くニシノカザブエちゃん。
一時期、がるる野中先輩が騎乗して、7着、5着、6着っていう時期もあったんだよね。
ちっと使い続けで、リフレッシュが必要な状態だったかな。
今日は中9週とちっと休んで、プラス12キロで422キロ。
これでも細くみえるけれど、とりあえずCLUB U-400は退会だね。
リフレッシュ効果がうまく出てくれるといいけど。

ところで、うちのソムニアシチーちゃん。
わかってるよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついていかれず

ついていかれず

スタートはまずまずだったワラッチャウヨネちゃん。
その後は流れに全くついていかれず、最後方追走。
このまま最後方のままだったら、「笑っちゃうよね」ってところだけれど、最後はそこそこの脚を使って、11着。
う~ん、前半もうちっとなんとかならなかったのかな?
ま、身体作ってからかもね、やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はっ!

はっ!

はっ!
ちょ、ちょっとぉ、なんてタイミングでビール出してくるのよ。
ワラッチャウヨネちゃんを見逃しちゃうところだったよ。
今日がデビュー戦のワラッチャウヨネちゃん。
一つ上のお姉さんと、三つ上のお姉さんはJRAで勝ち上がっているけれど、初戦からは厳しいかな。
馬体重も400キロちょうどで、ようこそ、CLUB U-400へ。
まずは競馬を覚えて、勝ち負けは身体ができてからかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼からでへへ

昼からでへへ

いやぁ、家で競馬中継見ながらビールなんて、最高だね。でへへ。
しかも、仙台づくりだって。
コタ、ぜんぜんわかんなかったよ。
キリンでお米が入っていそうくらいはわかったけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野中先輩がるる

野中先輩がるる

ちょ、ちょっとぉ、野中先輩じゃないのよっ!
とぼけた顔して、菜七子騎手と一緒のレースで、なにやらかしてくれてんのよっ。
しかも今年5勝目?
なに菜七子騎手より先に、5勝目挙げてんのよっ!
自分のキャラクター、忘れちってんじゃないでしょうねっ!
コタ的「一つ年上の明るいけどドジでダメな先輩」って役どころなんだからねっ!
もうっ!

ま、一応おめでとうって言っておくけどさ。
菜七子騎手にも、こういう『えっ!』っていう勝利を期待したいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積極的に仕掛けるも

積極的に仕掛けるも

いろいろと矯正馬具をつけて、一癖も二癖もありそうなアツコちゃん。
スタートから他の馬を嫌がったのか後方からの競馬になっちったね。
でも、向こう上面で早めに仕掛けた!
この後、コーナーで外、外回った分、上位争いには食い込めなかったけど、9着なら、まあがんばったと……言えるかな。
それにしても勝ったドゥリーミンちゃん、強かったね。
6馬身差の圧勝!
13番人気、骨折休み明け8ヶ月ぶりでしょ?
誰?鞍上?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

13戦目のアツコちゃん

13戦目のアツコちゃん

二人引きなのに、パドック解説に気合がないとかいわれちってるアツコちゃん。
新潟3レース、菜七子騎手、今日最初の騎乗馬だよ。
未勝利戦をすでに12戦も走ってきたアツコちゃん。
去年の9月に5着に入ったのが一番いい成績だね。
ここ2戦は二ケタ着順とちっと結果が出ていないアツコちゃん。
あれ?前走は菜七子騎手のクィーンビーちゃんが15着、アツコちゃんが14着だったのか。
大きな変わり身は難しいかもしれないけれど、なんとかいい結果を出してほしいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2階も交換

2階も交換

二階は、ほぼテンさまが壊しやがったんだよな。出せ出せで。
こっちも7倍頑丈になったぞ。
これでテンさまもあきらめてくれればいいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7倍頑丈

7倍頑丈

ふっふっふっ。どうよ。
今度は竹製だぞ。7チャリンもしたんだからな。
こないだの1チャリン均一とはモノが違うぞ。
破れるものなら破ってみるがいい。
……いや、チャレンジしないでほしい。7チャリンもしたんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一月もたず

一月もたず

うわ~。台所から外が良く見えるなぁ。
これならさくらも満足だろう。こっから外見るの、好き見たいだもんな。
外から風呂場もよくのぞけそう。
風通しが良くなってよかったよ。

んなわけないだろ。
なんでたった一ヶ月でここまでボロボロにするかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏でねぶた?

柏でねぶた?

柏駅、すごい人手だと思っていたら、お祭りだったのね。
しかもねぶた?
柏でねぶたなんて、って思ったけど、20年前に復活してお祭りの目玉企画の一つなのね。
ねぶたってもっと北の方のイメージがあったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいビールのために

おいしいビールのために

神頼みも大切だけど、なにより日ごろのメンテナンスが、おいしいビールには欠かせないよね。
ちょうど生の樽を入れ替えるくらいのタイミングだったんだね。
う~ん、あたらしい樽の中も飲んでみたかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お参り

お参り

ぱんぱん、なにとぞ、なにとぞ。
今日もおいしいビールをありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日の入り18時47分

日の入り18<br />
 時47分

まだ日の入りまで、20分くらいあるんだね。
だんだんといい雰囲気になってきたね。
今日は西の空に、金星、水星、木星が見えるらしいけど、さすがにまだ見えてこないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どれだけあるんだ?

どれだけあるんだ?

ケーキ全種、2段重ねって……
どんだけあるのよ、別腹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いたのね

いたのね

「いたわよ、プラネタリウムから」
「かにざとか、うしざとか、でなかったね~」
「おうし座だよ、ちびマイ」

「獅子座もでなかったな~」
「それにしても、センス悪いわよね。
 さそり座のアンタレスなんて、赤い1等星なんだから、いくら星じゃだめなのかしら?」
「マイコ、それ以上言わない方が俺はいいと思うぞ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラネタリウムのあとは?

ブラネタリウムのあとは?

柏高島屋屋上、ビアガーデンだよ、そりゃもう。
カンカン照りだけど。
星なんて一つも見えないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ横に貼る??

なぜ横に貼る??

うぬぬぬぬ。
しかも大きなポスターがちゃんと貼ってあるじゃんよ。
思わず横になっちってるのから見ちったコタっていったい……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ横に貼る?

なぜ横に貼る?

ん?ビアガーデンのお知らせじゃん?
マツド西口のダイエーのそばだね。
今日と明日じゃん。
んで、なぜ掲示板に横に貼るんだろう?
目立つから?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタと愉快な仲間たち

コタと愉快な仲間たち

えっへん。特別講演、『コタとNASAの愉快な仲間たち』に呼ばれたのよ。

……んなわけないよね。
久しぶりに、NAOKO SPACE PLANETARIUMを見に来たのさっ。
入場料は相変わらずの0.5チャリン。
1チャリンくらいは取ってもいいと思うんだけど、すんごいコストパフォーマンスがいいマツドのプラネタリウム。
今日は夏の星座と惑星のお話だよ。
楽しみだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツド市民会館へ

マツド市民会館へ

久々、マツド市民会館で~す!
今日ここに来たのは……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまり見せ場なく

あまり見せ場なく

道中ちょうど真ん中辺につけたヨイチナデシコちゃん、いい感じかなって思ったんだけど、直線も伸びずそのまま9着。
う~ん。菜七子騎手と組んでから一番悪い成績になっちったね。
降格した馬や、力のある3歳馬も加わって、前走より他の馬の力が高くなっちったのはあるんだけどね。
今日は4着、11着、9着。
また4着が最高だったか。なんとかもう一つ上を狙いたいところだよね。
明日も4鞍騎乗が待っているから、ゆっくり休んでがんばろう!
ということで、最終レース後にトークショーに借り出したローカルテレビ局、コタ的3週間停波ね。
休むべきときに休ませてあげなさいよ、がるるるる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取り消し明け、ヨイチナデシコちゃん

取り消し明け、ヨイチナデシコちゃん

菜七子騎手今日最後の騎乗は、8レースのヨイチナデシコちゃん。
菜七子騎手とは2着、5着と健闘中。
ただ、前走は競争除外になっちったんだよね。
調子が戻っていればいいんだけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝ったのは?

勝ったのは?

ネコエルフくん、10戦目で初勝利!
おめでとう!未勝利勝ち上がったね。
でも、菜七子騎手が出ているレースで勝ったから、コタ的過怠金100チャリンね。
えっ?目出度くないのかって?それとこれとは話は別だから。
セラグリーンちゃんは、結局3戦連続の11着。
う~みゅ。JRAではちっと厳しいかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まくられる

まくられる

このままスローの逃げに持ち込めれば、チャンスもちっとはあるんだろうけれど、やっぱり教科書通りの逃げだと他の騎手が許してくれないよねぇ。
3コーナーに入る前で、早くも2番津村騎手のエンパイアステートくんにまくられて万事休す。
こうなっちゃうと、馬の力が違っちゃうから、ついていくこともできなくなっちゃうね。
う~ん、後はなんとか一桁着順に粘れるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行った!

行った!

おっ!セラグリーンと藤田菜七子騎手、ハナを主張したっ!
このまま気持ちよく先行させてっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連闘セラグリーンちゃん

連闘セラグリーンちゃん

あらま。セラグリーンちゃんは先週福島で走ったばっかりじゃない。
なのにちっと入れ込んでる?
馬体重もプラス?
う~ん、大丈夫かな?
ま、ここまで5戦して全部二ケタ着順だもんね。
なにかきっかけが得られればいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また4着

また4着

 ややスタートもたついた感はあるものの、押して先行集団にとりついていたニシノヒナマツリちゃん。
 懸命においかけたものの、4着。
 う~ん。力通りにはがんばったけど、もうひとつ爆発してくれれば……
 残り200で最後のスパート!ってところで、なんだかごちゃついて勢いがつきそこなった感があってそこは残念だったかな。
 でも、次走以降、スタートでもっとスムーズに前につけられるようになれば、チャンスはありそう!
 菜七子騎手に所縁の名前を持つ馬だけに、これからも期待しているよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グッジョブ

グッジョブ

黄と紫のシマシマの菜七子騎手の乗るニシノヒナマツリちゃんの前にいる係員のお兄さん、ニシノヒナマツリちゃんがゲートで暴れそうになると、前からよしよしってあやしてくれてるんだよね。
偉い、お兄さん。グッジョブ!
コタはちゃんと見ているからねっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たのむよ、ニシノヒナマツリちゃん

たのむよ、ニシノヒナマツリちゃん

がるるるる。コタすでに、マイネルの牝馬の冠号がどうとかなんてどうでもいいのよ。
たのむよぉ、ニシノヒナマツリちゃん。
前走の新馬戦で4着と好走。
鞍上の藤田菜七子騎手は自己ワースト更新中のJRA67連敗中。
地方で勝ってても中央の連敗が止まらないのは辛いところ。
新潟2レースはいい馬がそろってちっと厳しい勝負になりそうだけど、ここで勝てば、ニシノヒナマツリちゃんはコタのなかでとっても好印象な馬になるのよっ!
えっ?そんなのどうでもいい?
そこをなんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンとマイコロネ

テンとマイコロネ

マイコロネはなぜかなあちんが抱いて寝ています。
なので、なあちんが寝ていないときはこんなことに。
それにしても、写真だとリアルなんだよなぁ、マイコロネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地ビールを探せ・DHCラガービール

ラガー

エクストラスペシャルビターが癖が強かったせいもあって、飲みやすい、実に飲みやすいラガービール。
下面発酵のビールってことになるね。
甘みと苦みのバランスは、これが一番いいかな。
名前は普通だけど、一応プレミアムビールだよ。

原材料:麦芽、ホップ Alc.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地ビールを探せ・DHCエクストラスペシャルビター

エクストラスペシャルビター

えっと、バランスにこだわったと言っておられますが、苦味ガツンのエクストラスペシャルビター。
アメリカンスタイルのエールビール、つまり上面発酵のビールだね。
苦みとコクの絶妙なバランスが売りの筈なんだけどね、一口含んだときにくる、このすんごい苦味がこのビールの最大の特徴だね。
なあちんは苦手そうな感じだね。苦すぎるっていうのか。
口に含んで鼻に抜ける香りが確かに柑橘系で、なるほどっていうところかな。

芸材料:麦芽、ホップ Alc.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地ビールを探せ・DHCゴールデンマイスター

ゴールデンマイスター

昨日飲んだ富士燦燦と同じ、ピルスナータイプのDHC GOLDEN MEISTER。
醸造家にしか飲めなかったビールってうたっているだけあって、昨日の富士燦燦より、甘みも苦味も濃厚な、しっかりしたビールに仕上がっているね。
きれいな金色で、ちょっと白くにごっている感じがするのは、無ろ過だからかな?
香りがあまり感じられないんだよね。
そういう特徴?それともハナがバカ?

原材料:麦芽、ホップ Alc.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる松戸のマンホール

シシオの気になる松戸のマンホール

「消火栓のカラーマンホールなんだよなぁ。
 これは、うちの近くでは見かけないなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地ビールを探せ・海軍さんの麦酒、しまのわビール

しまのわビール

広島の呉市に製造元のある、呉ビール株式会社のしまのわビール。
海軍さんの麦酒シリーズの一本だね。
みかんのような柑橘系のホップの香りがまずぐっとくるね。
色もオレンジ色を目指したんだって。
瀬戸内海のみかんのイメージなのかな。
海軍さんの麦酒シリーズは他にもいろいろあるみたいだから、ぜひ他のビールも飲んでみたいね。

原材料:麦芽、ホップ Alc.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地ビールを探せ・DHCビール、富士燦燦

富士燦燦

健康食品でおなじみのDHCが出している、富士燦燦。
ピルスナータイプのビールの筈なんだけど、なぜかラガータイプのような味わい。
ま、ピルスナーもラガータイプの一種か。
麦の甘みもあるけれど、苦味が強いせいかな?
富士山の伏流水と厳選されたモルト、ホップを使ったという触れ込みの富士燦燦。
なんだか不思議なピルスナービールだね。

原材料:麦芽、ホップ Alc.5.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏に書いてあった

Dvc00307s

「というような説明は、裏に書いてあったのね。
 1876年は開拓使麦酒醸造所の開業年。
 ラベルデザインは1878年当時のものなんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッポロラガービール@サッポロ

Dvc00306s

「旅先でこっそり飲んでた、サッポロラガービール。
 赤い星、つまり開拓使のシンボル、北極星のデザインだな。
 ラベルにJAPAN OLDEST BRANDとあるように、開拓使麦酒醸造所で1877年に誕生した札幌ビールの流れを受け継ぐブランドなんだ。
 サッポロラガービールは、昔ながらの熱処理ビール。
 今はろ過技術の発達で、ろ過だけで完全に酵母を取り除くことができるんだ。
 これが生ビールとして流通しているわけだけど、サッポロラガービールは、1次ろ過で酵母を取り除いた後、瞬間的な熱処理で残った酵母を取り除く方法を取っているんだって。
 普段は業務用や瓶ビールでしか流通していないサッポロラガービールを、今回は家庭でも取り寄せやすい缶ビールにして数量限定発売したってことなんだなぁ。
 たしかに、サッポロラガービールっていうのが通年で飲めるってこと自体、あまり知られていないもんなぁ。いい企画かもな」

原材料:麦芽、ホップ、米、コーン、スターチ Alc.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイコロネ登場

マイコロネ登場

「コタ、あたしのだからね。
 マイコロネなのよ。
 食べないでよね」

食べられないから食べないけどさ、どうするのよ?この子?
出番あるのかな?
それにしても、写真だとリアルに写るよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別腹を楽しむ

別腹を楽しむ

「そうそう、会場にケーキがなくって物足りなかったのよ」
「やっぱりしめはけぇきですよね」
「あいつら、よくくうなぁ」
「父ちゃんだって」
「焼いてばかりでお腹すいてるのっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタの気になる名無しの居酒屋

コタの気になる名無しの居酒屋

「のれんにも、看板にも、店の名前がない?
 でも営業中?
 どんな店なんだろ??」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてBBQは〆だった

そしてBBQは〆だった

ちょ、ちょっとぉ、いつの間に肉終わったのよっ!
コタだって肉食獣なのよっ!一応っ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてやっちまった

そしてやっちまった

がちょ~ん。せっかくのハートランド、サーバーの操作間違えちったよ。
所詮素人なんだから、油断しちゃダメだっていうのに……
重富さん、ごめんなさいっ!コタも勉強に行きますっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コタは2杯目

コタは2杯目

「でへへ。ブラウマイスターいただいてま~す。
 だけど、プレミアムビールだからって量が少ないのはどうかと、コタは思うわけよ。
 飲み放題なんだしさ。
 ちっとこの量は恥ずかしいよね?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤と黒

赤と黒

「あたし黒トング係!」
「あたしもくろとんぐかかり!」
「ボクも黒トング係!」

「お前らなぁ、赤トングで肉を鉄板に乗せて、焼けなきゃ、黒トングで取れないんだぞっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラシックラガーから

クラシックラガーから

「もうっ、菜七子騎手の最初の騎乗レースか、コタの最初のビール注ぎかっていうくらい、何か起こるよね。
 しかたないから、クラシックラガーで、かんぱ~い!
 一番搾りのサーバーも、そのうち動くだろ、うん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう覚えたもん

もう覚えたもん

「へっへっへっ。
 この間と同じ失敗はしないもんね。
 って、ここ、親切にワンタッチボタンだけにしてるじゃん。
 ちっ。

 ……あれ?このボタン、壊れてない?ダメじゅん?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配置確認

配置確認

「右側に食べ物、真ん中がソフトドリンク、左がビールサーバーね。
 ふっふっふっ。
 すでにこの会場は、まるっとさくっとお見通しよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポスターがお出迎え

ポスターがお出迎え

ポスターも、ビール工場見学とかいくとよく見るよね。
この「あたしとビール、どっちが素敵?」みたいなポスター、よく見るよ。
ISETANのBBQビアガーデン、キリンが全面的に協力しているんだね。
とうちんにキリンのTシャツ着てこさせて大正解だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISETANビアガーデンへ

ISETANビアガーデンへ

そう、屋上BBQビアガーデンに来たのさっ!
でも、この撮影スポット、キリンのビール工場によくある奴じゃなかったっけ?
なんか、もう一工夫なかったの?
とかいいながら、ハマってるけどさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は松戸ISETANへ

今日は松戸ISETAN<br />
 へ

今日はマツド伊勢丹にきたのよ。
ふっふっふっ。
こたたまファンなら、なにが目的か、もうわかるよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラはんに集中

リラはんに集中

リラはんがターゲットなのね?
でも、くろみっちゃん、めずらしく腰が引けてない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺぺさん、元気になりました

ぺぺさん、元気になりました

ぺぺさん、体重もほぼ戻って、元気になってきました。
元通り、食べられるようになりました。

点滴も家では暴れて30~40ccくらい。昨日は病院でしっかり入れてきてもらいました。
栄養剤も、前脚ブロック&ペッを覚えてしまったので今朝から中止。

たいしたもんだよ、ぺぺさん。でも、まだ気を抜かずに養生してよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスタルベルグ@サッポロ

クリスタルベルグ

今年の夏はなぜかセゾンビールがはやり。
サッポロが出しているクリスタルベルグは、ベルギーのセゾンビールをモデルにした発泡性リキュール。
柑橘系のホップの酸味、苦味、香り。
ベルギー産の麦芽を50%以上使用。
さわやかではなやかな一本だね。
ただ、ちょっと水っぽくて、飲み足りない感じもあるかな?

原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦)、スピリッツ(大麦) Alc.4%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GRAND KIRIN DIP HOP IPL@キリン

DIP HOP IPL

GRAND KIRINのDIP HOP IPL。
IPLはインペリアルペールラガーの略だけど、DIP HOP IPLっていうのは、ラガービールの仕込みのときに、発酵の段階でホップを漬け込むことで、ユニークな香りと上質な苦みを加える手法なんだって。
確かに、IPAほど色も苦味も香りもきつくないんだけれど、それでも苦味が強く、キッとしているね。
小麦の甘みもあって、バランスがよい仕上がりっていう感じだね。

原材料:麦芽、ホップ Alc.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GRAND KIRIN GALAXY HOP 2016 SESSION IPA@キリン

Galaxy hop

これって、GALAXY HOPでいいのよね?名前?
つまりは、希少ホップのGALAXY HOPを使っているっていうのが売りなわけね。
たしかに、ホップの香りが際立つ感じで、口にしたときも、のどを通り過ぎたあとも、パッションフルーツのような香りがするね。
小麦の甘みもあり、いい感じのビールだね。
アルコール度数は4.5%とちっと低めで、夏場の暑い時期にちっとだけ量を多く飲みたいっていうのに合っているのかな?

原材料:麦芽(大麦麦芽、小麦麦芽)、ホップ Alc.4.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶太郎とチャタロウの器

Dvc00656

「ちゃ~ちゃん、おみやげ~」
「チャタロウで買ったんだよ」
「きれいな青だろ?」
「あたしたちにしては、奮発したのよ。かなり」

ありがとうな。じゃ、ごちそうするから、この器でなにかうまいもの食べようか?

「しめしめ」

なんか言ったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生はいや

生はいや

ようやくとうちん帰宅。
さっそく胡坐の中で甘えたいタッタくんですが、とうちんの生足はイヤ。
新聞紙一枚で、とりあえず妥協のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽田でこっそりカレー

Dvc00653

「まだ、こわいひとがいたの~。
 う~ん、うっかりうっかり~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら、いい加減降りようよ

さくら、いい加減降りようよ

さくらさん、カーテンレールの上で落ち着いてしまいました。
さくら~、いつまでそこにいるの~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラはん、家庭内野良猫返上?

リラはん、家庭内野良猫返上?

リラはん、あんた、もうりっぱな家猫だと思うよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらさん、おてんば全開

さくらさん、おてんば全開

さくらさんは、今朝も、カーテンレール&鴨居歩きに熱中しています。
エアコンの間にはまったり、壁をカシカシしたり・・・。

おっとりとした・・・なんて、本当に嘘八百だった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さつきくんはマイペース

さつきくんはマイペース

さつきくんは、周りの誰がどうでもマイペース。
冷風機に乗って、電気のひもつかみに熱中しています。

マヌケキャラのわりには、こっそりちゃっかりイタズラしてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テン様、ふてくされMAX

テン様、ふてくされ限界

テン様、朝一度お隣に行ってきましたが、また帰宅。
その後、また出せ出せ騒ぎ。

しばらく放置しておいたら、吠えるのも限界に達して、今はふてくされMAXです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タッタくん、さびしんぼ限界

タッタくん、さびしんぼ限界

タッタくん、何とな~く調子悪いのか、一昨日、昨日とお風呂場にこもっていたし、ウンチもここ2週間くらい柔らかめ。

何がどうというわけでもなく、これは精神的なものなのかなぁ・・・。

今朝は、とうとう、なあちんに寄ってきて、ぴっとりくっつき、なでなでの要求。
それでグルっています。

タッタ・・・今日、とうちん帰ってくるからね。もう少しだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺぺさん、すこぶる順調です

ぺぺさん、すこぶる順調です

ぺぺさん、食事も水も自力摂取が回復してきています。
量も少しずつ増えてきており、自分で催促するようにもなりました。

そこで、昨日から点滴と栄養を1日1回にしました。
でも、まだ気を抜いちゃダメだからね。
くしゃみ、まだ出ててるからね。というか、ようやく、スムーズにくしゃくしゃできるようになったんだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステーキでがっつり

Dvc00652

「アグー豚のステーキね」
「うふっ、がっつりがっつり!」
「なんか贅沢ばっかりしているけど、いいのかなぁ?」
「ちびシシ、どうせ家に帰れば粗食に甘んじるんだ。今のうちだぞ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い焼き物

Dvc00651

「これ、おとといチャタロウでみた箸置きに似ているなぁ。
 この青い色、沖縄の焼き物らしい色だって勝手に思ってるんだけどさ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラフテーでもう一杯

Dvc00650

「ラフテーってのもおいしいわね」
「豚肉料理、あまり食べてなかったからな」
「生ビールのグラスがね~」
「おにいちゃん、それはいわないやくそくでしょ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失敗したかも?

Dvc00649

「隠れ家ダイニングというだけあって、客がいないな」
「お店の人までチラシ配りに出て隠れちゃってるくらいだもんね」
「ひまなのね~」
「あの案内してくれた人、お客さんというよりお友達みたいだもんね」

「こうなると、ビールの入れ方がどうとかいう以前の問題だな」
「大丈夫なのかしら?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れ流れて

Dvc00648_2

「那覇最後の夜だから、国際通りにある、2015年3月にオープンしたばかりで、ヘルシー島野菜ごはんが売りのぺんぎん食堂デリってお店に行ってみたんだけれど、なんとすでに閉店!
 今回は那覇ではこんなケースばっかりだなぁ。
 とうちんは股が擂れてまた痛いなんて言ってるし、もう近いところで食べちゃお。
 このしんかぁ、って店なんかどうかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくら会長、中京記念的中!

さくら会長、中京記念的中!

コタ : さくら会長!中京記念、ガリバルディくんが勝ちましたよ!すごいですねぇ。
7番人気ですよ。カリカリ2kg軽く出ますよ!
函館2歳Sも4着と惜しかったし。

さくら : ま~ねぇ。とうちんにちゃんと言っといてね~。

コタ : さくら会長おそるべし・・・。来年ももしかして会長の座、持ってかれちゃうんじゃ・・・。
それにしても、ガリバルディくんは、お兄さんのマルカシェンクくん、お姉さんのザレマさんに続いて、マイル重賞制覇!マイルが得意な兄弟なんだねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

函館2歳S&中京記念

函館2歳S&中京記念

コタ : あれ?さくら会長とさつきくん、さっきまでぐうたらしていたのに、準メインになったら急に・・・。猫のやる気スイッチってわからないなぁ・・・。さくら会長はちゃちゃっと選んだし、さつきくんは参戦しないけど、みんな集合しているから、わ~いって最前列を陣取って・・・なんか、くろみっちゃんキャラも入ってるねぇ。

んじゃ、応援馬の紹介。

<函館2歳ステークス>
白いコも黒いコも小柄なコもいなくて女の子はたくさんのレースだね。
コタ : ラッシュアウトくん。
くろみっちゃん : ホッカイドウ競馬から参戦のピンクドッグウッドちゃん。
しらたまちゃん : ザベストエバーくん。
こだまちゃん : ラーナアズラーちゃん。
さくら会長 : メローブリーズちゃん。

<中京記念>
コタ : カレンケカリーナちゃん。
くろみっちゃん : 黒い、ワキノブレイブくん。
しらたまちゃん : ダンスアミーガちゃん。
こだまちゃん : トウショウドラフタくん。
さくら会長 : ガリバルディくん。

んじゃ、暑い中、がんばって走るお馬さんとジョッキーを、全力で応援しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

突然のスコール

Dvc00647

「げげっ。ずいぶん湿気てるなぁと思ったら、外は凄い雨じゃん。
 こりゃ、昼ごはんはどうにもならないかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くつろぎリラはん

くつろぎリラはん

写真撮るときだけ睨んだてねぇ・・・リラはん。

くつろいでたの知ってるし。
さっきまで、お腹丸出しで、もっとオッペケだったんだから。

もう、カッコウつけてもバレバレだからさ、いいかげん、なじんだら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄の定食屋さん

Dvc00644

「今日は、ホテルのすぐ近くの24時間営業の定食屋さんで~す!」
「ゴーヤチャンプル定食頼んだら、結構なボリュームよね」
「品数も多いよね」
「たまごやきもあるね~」

「これで7チャリンなら大満足よね」
「地元の人ばかりだけれど、沖縄らしいいいお店だな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺぺさん、順調です

ぺぺさん、順調です

ぺぺさん、食事量も少しずつ増え、水も飲めてきました。
点滴で暴れる力も強くなり、なかなか定量を入れるのが難しくなってきています。
50~70cc止まり。

栄養剤を入れるのも、前脚でブロックする技を覚えてしまい、難しくなってきました。

まぁ、順調に回復してきたということですが、ぺぺさん、まだ油断しちゃダメだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルに戻ると

Dvc00643

「……サマーフェスタであれだけ食べたのに、なんでまだ食べ物があるんだ?」
「ふおっふぉっふぉっふぉっ。なんでかしらね~~」
「これ、なんていう食べ物?」
「ふおっふぉっふぉっふぉっ。なんていうのかしらね~~」
「かあちゃん、ふぇすたのいりぐちのやたいで、こっそりかってたね~~」
「ふおっふぉっふぉっふぉっ。ちびマイも止めなかったわよね~~」
「うふっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基地を覗く

Dvc00641

「おおっ!これってKEEP OUTの本物じゃないかっ!
 よくドラマで遅れてきたデカが潜るヤツっ!
 こんな感じのテープなのかっ!
 奥の方にはレーダーも見えるし、やっぱり基地っていいなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宴たけなわではございますが

Dvc00640

「まだまだフェスタは続いているけれど、食べるものもなくなったし、とうちんは股がすれるしで、そろそろ帰るか。
 期待していたよりも、遥かににぎやかで、楽しいイベントだったな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステージには子供たち

Dvc00638

「KIDSヒップホップ?
 子供たちの出し物もあるのかぁ。
 まあ、ヒップホップが俺にはよくわからんけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつけば真っ暗

Dvc00637

「広島お好み焼き、きっちりゲットしたわよっ!」
「やるなぁ、マイコ」
「ステージの出し物、ほとんど終わっちゃったよ」
「おぶぎょうはだしものよりたべものですもんね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

並ぶこと30分

Dvc00636

「がるるるるる。
 この大御菓子食門之佐マイコさまを30分も待たせるなんて、いい度胸してんじゃないのよ。
 ほらっ!かろうじてお好み焼き残っているじゃないのっ!
 あんたの見積もりより、あたしの直感の方が正しいのよっ!
 ちょっと、へらへらとヘラ使いながら笑ってないで、あたしの話聞きなさいよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非常事態

Dvc00635

「ちょっと人が増えたと思ったら、あの屋台もこの屋台も食べ物売り切れってどういうこと?
 あたしはまだお腹空いてるのよっ!
 広島から那覇に来て、広島お好み焼きっていうのもなんだかだけど、そんなことも言ってられないわ。
 えっ?あたしたちの前で売り切れだから並ぶな?
 そんな言葉に騙されないわよっ!
 あたしのところまでは絶対あるわっ!
 獅子のカンよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに賑わう

Dvc00634

「うわ~、7時回ったら、更に人が増えたな。
 こんなに人気のイベントとは思わなかった。
 関係者の数も多いんだな。
 米軍基地問題で揺れる沖縄だけれど、自衛隊の関係者も多いし、市民との関係も良好に見えるよなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自衛隊備品大公開中

Dvc00633

「えへ。パイロットスーツの実物だぜ。
 あっちでは、体験でヘルメットをかぶれるコーナーもあるし。
 高校生以下だと、那覇基地オリジナルグッズなんかも貰えるみたいだな。
 自衛隊がどんな活動をしているかの展示もあるし、来春卒業生への入隊相談のコーナーまであるんだ。
 親睦と同時に自衛隊への理解を深めてもらうのが、フェスタの目的なんだろうな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステージは沖縄民謡

Dvc00632

「今度は自衛隊の人たちの出し物か。
 部活みたいなものがあるんだなぁ。
 みんな、なかなか上手なんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

只今仕事中

Dvc00629

「目立たない格好しているけど、空飛ぶ広報室の人かな?
 ガッキーはいないのかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ気がつかない?

Dvc00628_2

「なんか足の裏がヘンだと思ったら、穴が開いてた?
 ……普通、ここまで穴が大きくなる前に気がつかないかな?とうちん?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自由な雰囲気

Dvc00627

「自衛隊のフェスタって言っても、お固いところがなにもないなぁ。
 隣の人、なんでこんなところでストレッチ体操しているんだろ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステージでは琉球舞踊

Dvc00626

「ふ~ん、自衛隊の出し物だけじゃないんだ。
 市民も協力しているんだなぁ。
 チラシ配ってら。『踊ぃ飛琉』か。
 お稽古来ませんかって、ことかなぁ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールは缶よね

Dvc00625

「う~ん、やっぱりビールは缶よね。
 ……んなわけないでしょ?
 まったく、どこもかしこも生ビールの入れ方がなってないのよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋台、いきなり混み出す

Dvc00624

「なによっ!
 急に面白そうな屋台は超行列になっちゃったわねっ!
 あたしはお腹が空いているのよっ!
 行列に並ぶ気分じゃないのよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気さくな司令官

Dvc00623

「う~ん、なんだろう、この空自の那覇基地司令官。
 なんかどっかの小説の広報室室長みたいなノリだな。
 あそこまでは軽くないか。
 なんか、『皆さまの自衛隊』みたいで親しみもてるなぁ。
 あ、ちなみに、敬礼しているの俺じゃないからな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いま開会

Dvc00622

「音楽隊のファンファーレだ。
 これが開会の合図なのか。
 もうへべれけだけど、俺」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芝生で乾杯

Dvc00621

「やっぱりビールはオリオン……にしたわけだが……」
「ダメダメじゃないのよっ!入れ方なってないわっ!」
「重富さんを呼ぶべきだったね」
「いまいちよね~」

「広島で重富さんに行ったのが、良かったんだか、悪かったんだか」
「でも、チキンはおいしそうよね~」
「それじゃ、せ~の」
『うふっ』
「うふじゃないっ!いただきますっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイン会場も屋台充実

Dvc00620s

「そうよ、まだビールも食べ物も買ってないのよっ!
 でも、なんでこんなに屋台が出てるのよっ!
 あれもこれもおいしそうで、目移りするわね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陣取る

Dvc00619

「偉い人や、関係者の家族はちゃんとテーブルとパイプいすがあるのね」
「おかげで、ステージに近い芝生の上はフリーなわけだ」
「そういえば、知事さんもいたね~」
「自衛隊とはいい関係なんだな」
「あたしはしばふのうえのほうがいいわ~」
「場所取りしている人もいないしね」

「はっ!陣取りしている場合じゃないわよっ!
 肝心なものがないじゃないのよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか自衛隊っぽい

Dvc00618

「おおっ!
 このトイレは、実際に自衛隊が使っているものじゃないのか?
 そうか、国民のみなさんの税金で購入した備品だから、こういう場所で、きちんと国民のみなさんに提供するわけだ。
 やるな、自衛隊」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開会前から大盛り上がり

Dvc00617

「さすがに自衛隊基地、広いなぁ。
 ここまで、入口から5分くらいはあったかな?
 メイン会場、すでに大盛り上がりだな。
 そっか、一時間くらい前に開門しているから、もうステージでいろいろ出し物しているんだ。
 自衛隊の隊員による祇園太鼓?
 本格的じゃん。弩迫力だな。
 身体も鍛えてあるし、とうちんより、絶対上手だと思うぞ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潜入!これが航空自衛隊那覇基地だ!

Dvc00616

「……どこが?
 よくある縁日と同じじゃん。
 出店も多いなぁ。
 メイン会場はもっと奥なのか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わぬにぎわい

Dvc00615

「自衛隊のフェスタだから、もっとマニアックな人の集まりかと思ったら、浴衣着たお嬢ちゃんとお父さんとか、アベック(死語)とか、どこにでもいそうなおばちゃんとか、中高校生とか、ごくごく普通の市民が集まってくるんだなぁ。
 みんな楽しいにしていたみたいだし。
 自衛隊、市民に愛されているんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親切な航空自衛隊

Dvc00613

「おっ!こっちだ。
 道わかんないんじゃないかって心配だったけど、ちゃんと案内の人を立ててくれるなんて、ありがたいなぁ
 暑い中、御苦労さまであります!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤嶺駅に到着

Dvc00612

「おおっ!
 赤嶺駅で、思わぬ形で日本最南端駅ゲット!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超高速!那覇市内移動中

Dvc00611

「ゆいレールのってるだけだから、急ぎ様ないもんね」
「さかのまちがきれいよね~」
「長崎みたいだね。もっと観光客にアピールすればいいのに」
「ね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城のすぐそばに

Dvc00610

「あら、沖縄にも弁財天堂があるのね。
 石造りの橋は天女橋?
 なんだか、あたしのために建てたような御堂なのね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城壁も独特

Dvc00608

「首里城の城壁って、本土の城壁と違って、曲線が特徴的できれいだなぁ。
 やはり、琉球石灰岩を使っているから、曲線を描くための石の加工がしやすいことが一因だろうな。
 断面は直線的で、弓なりの反りがある本土の城壁とは違うな。
 上部の角度が変わっているのは、隅頭石という独特な形の石を置いているからで、美しさを際立たせているんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久慶門より城外へ

Dvc00607

「久慶門は、通用門にあたる門で、主に女性が利用したという話なんだけれど、今は城外への帰り道の門になっているんだ。
 この門は昭和58年の再建だな。
 いやぁ、広かった、首里城。
 結構見どころがあったなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テニスコート?

Dvc00604

「ここは、一昨年来たときにはなかったな。
 テニスコートじゃなくて、厩の跡なんだけれど、建物があった場所に線が引いてあるだけなんだ。
 建物の正確な資料がないので、敢えて建物は建てず、線だけにしたんだって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今や謎への入り口

Dvc00603

「この右掖門は、国王の親族や、女官たちが暮らす正殿の裏側にあった御内原への入り口にあたる門なんだ。
 江戸城の大奥みたいなところだったのかな。
 御内原は写真などがほとんど残っていなくて、どんな建物があって、どんな用途で使われていたのかとか、わからないらしいんだ。
 右掖門自体は、平成12年に復元されたんだって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お帰りは淑順門から

Dvc00601

「いまは北殿からの帰り道に使われている淑順門だけど、この門は王様や家族の暮らす御内原への表門だったそうなんだ。
 御内原って、江戸城とかの大奥みたいなところなのかな?
 元々の門の創建年なども不明で、今一つよくわからないところが多いみたいだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北殿北の広場から

Dvc00599_2

「ここからの方が、沖縄芸術大学が良く見えるな」
「ずっと建物の中にいたから、ちょっとほっとするわ」
「それよりさぁ、さっきからボク、出口どこか聞かれてばっかりいるんだけど」
「こっちはでぐちないのにね~」

「北殿の案内板がわかりにくいんだよなぁ。
 こっちは展望台代わりの広場しかないのに」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実はこれが世界遺産

Dvc00597

「1階の足元に、一部分だけガラス張りで底が見える、俺にとっちゃ勘弁してくれって場所があるんだよな。
 実はこの下に見えている部分が、世界遺産にあたる首里城の遺構で、昔の首里城正殿で実際に使われていた部分に当たるんだ。
 今の首里城はこれらの遺構を保存するために、80センチほどかさ上げして作られているんだって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1階では正座?

Dvc00595

「こちらは1階の御差床。
 王様の座った場所だな。
 ここは政治や儀式のときに国王が出座して座った場所なんだそうだ。
 椅子じゃないってことは、ここに正座していたのかな?
 ま、あぐらだろうなぁ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3階は?

Dvc00593

「3階への階段はとんでもなく急。
 これは、3階が屋根裏で使われてないからみたいだな。
 でも、見られないとなると見たくなるのが獅子情なんだけどな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

王の冠

Dvc00592

「でへへ。琉球の王様って、こんな感じかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正殿2階、王の座へ

Dvc00590

「ここは正殿2階の御差床という場所。
 国王の玉座で、さまざまは儀式や祝賀が行われた場所だな。
 椅子はもちろん、国王の椅子。尚真王の肖像画に描かれていたものからの再現だそうだ。
 後ろの扁額は、中国皇帝から贈られた御書の扁額で、『中山世土』の左右にも別の扁額が飾られているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシ王の休息@奥書院

Dvc00586

「あ~、くつろぐぅ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな奥書院庭園

Dvc00584

「奥書院の庭園は、王様のプライベートな庭園なんだ。
 昔の写真や、発掘調査で出土した石を巧みに利用して復元したんだそうだ。
 なぜかこの辺りは、観光客が少ないんだよなぁ。
 なんでみんな、見に来ないんだろう?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる詰所の鈴

Dvc00582

「近習詰所に鈴がぶらさがってるってことは、用事があるとこれで呼びだされたってことかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目も楽しむ

Dvc00580

「御鎖之間や裏御座に面した庭園はなかなか見事なんだ。
 琉球石灰岩の岩を大胆に配しているのが、独特だな。
 沖縄のグスク、つまり城で、庭園があったのがはっきりと記録に残っているのは首里城だけなんだそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥御座でのんびり

Dvc00577

「さっきお菓子をいただいていた御鎖之間の奥にある、奥御座。茶室なんだ。
 昔はここでお茶を点ててふるまっていたそうなんだ。
 ちょうど誰もいないから、こっそり賓客気分体験中だぜ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎖之間で一服

Dvc00576

「ここは、お庭から南殿を挟んでさらに南にある、書院の一角にある、御鎖之間で~す!」
「昔、お客様が接待を受けたように、ここでお茶とお菓子の接待を受けることができるのよ」
「お菓子はいろいろで~す」
「あたしたちに向かって、左が花ぼうる、右手前がちんるいこう、右奥がちんすこう、それとくんぺんっていう4種類のお菓子が楽しめるのよ」
「おちゃはさんぴんちゃで~す」
「ジャスミンティのことね」
「この暑い中、冷房の利いた部屋で、3チャリンで一服できるんだから、ありがたいよな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地味?な南殿

Dvc00575

「正殿の左側にあるのは、南殿・番所は、日本風の行事や、薩摩役人を接待する建物だったというので、造りも和風なんだ。
 正殿とは違って落ち着いた感じがするな。
 番所に当たる部分は外側は工事中。中は見られるそうだけれど、撮影は禁止なんだって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いわくつき大龍柱

Dvc00574

「阿形、吽形が対になっている大龍柱石彫刻。3メートルを超える高さがあって、正殿の正面左右に向き合った形で立っている姿は圧巻だな。
 復元に関しては、大龍柱自身が、歴史の中で切られたり、直されたりと、いろいろな目に遭っていたこともあって、さまざまな異論があって大変だったらしい。
 龍は琉球国王の象徴だそうで、正殿にはいろいろなところに龍が飾られているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城正殿

Dvc00573

「いまの首里城正殿は、1992年に再建されたものなんだ。
 首里城の正確な創建年はわかっていないそうなんだけれど、過去に何度か消失しては建て直されているそうで、いまの首里城は、戦前に国宝指定されていたころの、1712年~15年頃に建てられたの正殿が元になっているんだ。
 琉球王朝の政治と儀式の中心にあった首里城正殿。
 一見、中国風の建物だけれど、正面の唐破風は日本の建築から取りいれられているそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

序列

Dvc00572

「あたしは食門之佐だから、位が一番上よね」
「ひかえい、ひんみんども。このあかいらいんにはいるでないぞよ」
「ちびマイ、その言い方はないだろ?」

「まあ仕方ないだろ。御庭(うなー)の白と赤の石の列は、位が上位の人からきちんと整列する目安として交互に並んでいるんだ。
 全部で23列もあるんだぞ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ御庭へ

Dvc00569

「ここから先が首里城公園の有料エリア。
 入ると御庭があって、回りには正殿を始め首里城の主要な建物が建っているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の造りし御嶽

Dvc00568

「広福門前の広場にあるこの門のような建物、守礼門のそばにもあった門に似ているよな。
 首里森御嶽と書いて、すいむいうたきと読むこの場所は、神様が造ったとされる、首里城の中でももっとも格式の高い拝所なんだそうだ。
 そもそも、先にこの首里森御嶽があって、そこに首里城を建てた、とも言われているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正殿もすぐそこ

Dvc00566

「この辺りは、もう正殿のすぐ隣なんだよな。
 意外と建物の形が見えるスポットってないんだな。
 あの垣根の向こう側は有料エリアになっているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南の物見台

Dvc00565

『うふっ』
「東のアザナ……ではなく、南側の物見台で~す!」
「特に名前はないのかな?ここは」
「向こうに見えるのが、さっきまで歩いていた首里城下の街だね」
「まんごーじゅーす、おいしかったね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城内の祭祀空間

Dvc00563

「一見、手入れの入っていない庭のように見えるけれど、実は京の内と呼ばれる、祭祀の場所なの。
 琉球王朝時代は、神女たちがここでさまざまな祈りをささげたの。
 ここは正殿からもそんなに遠くないのに、静かな場所なのよ。
 不思議な空間ね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外も見えるが

Dvc00561

「高いところにあるってことは、内側もよく見えるってことだな。
 首里城の正殿とその手前の奉神門がここからならよく見えるな。
 広福門からかなり離れているもんだから、西のアザナまで来る人はかなり少ないんだけれど、来ないのはちょっともったいない場所だな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必ずどこかが工事中

Dvc00556

「首里城公園って、まだまだ修復中なんだよなぁ。
 今回は広福門が修理中。
 建物の一部が門になっている形で、両側は奉行所のような役所が入っていたらしいが。
 次、来る時があれば、別のところが工事中なんだろうな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景色がきれい

Dvc00554

『うふっ』
「後ろに見えるのは沖縄芸術大学かな?
 屋根のデザインや色を首里城に合わせて、景観に配慮しているみたいだな」
「那覇の市街地が一坊出来るのね」
「遠くに海も見えるね」
「うふっ」

「ちびマイ、まだ飽きない?」
「あきないよ。うふっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるじゃん時の鐘

Dvc00553

「日影台のとなりに鐘があるじゃん。
 なあんだ、これで時を伝えていたんじゃないの?
 と、思わず思っちゃうところに吊ってある、万国津梁の鐘。
 ……のレプリカ。
 本物は国の重文で、県立博物館に保管されているんだ。
 それに、場所も本来は正殿にあったらしいんだ。
 この鐘に刻まれている『万国津梁』っていうのは、世界の架け橋っていうような意味で、貿易で栄えていた当時の琉球の立場がよくわかる言葉だな。
 それと、鐘には他に、尚泰久王が仏教を盛んにして国を平和にしたっていう意味のことが書かれているんだ。
 そういう鐘だからこそ、正殿にあったんだな。
 なんで一見誤解しちゃう場所に吊ることになったかは、よくわかんないんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちらは日時計

Dvc00548

「日影台、まあ日時計だな。
 首里城では日影台で正午やその前後の時刻を測り、更に漏刻つまり水時計でより詳しい時間を測っていたと言われているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる首里城公園のマンホール

Dvc00547

「首里城公園内にマンホールがあるっていうのは、意外なようでもあり、当たり前のようでもあり。
 亀甲模様に電気の文字、OKINAWA TYUTETSUの文字。
 メーカーの名前かな?
 デザインマンホールは公園内だからかえって使えないとか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漏刻門へ

Dvc00546

「瑞泉門をくぐって左に曲がると、すぐ漏刻門だ。
 あの門の先に、首里城内で時間を測る漏刻器という水時計があったのが名前の由来だそうだ。
 日時計もあって、二つで時刻を測って、太鼓で城下町に知らせていたんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉があるから瑞泉門

Dvc00543

「後ろは瑞泉門で~す」
「あたしたちの左側に龍樋があるの。
 そこからついた名前ね」
「首里城って門だらけなんだね」
「まあ、城の守りとしても門は重要だからな。
 ちびマイはなにか言うことはないのか?」
「うふ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城最古の遺構

Dvc00542

「歓会門を通って、次の瑞泉門に向う途中にきれいな湧水があるんだ。
 これが流れ出しているのが龍樋という石の彫刻。
 きちんと由来がわかっていて、1523年に中国から渡ってきたんだとか。
 実は首里城に残っている、もっとも古いものなんだ。
 水は、王宮の飲み水として使われていたんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの木になる首里城の石垣の石

Dvc00541

「首里城の石垣は琉球石灰岩が多いんだな。
 日本の石垣と違って、石垣の壁が曲線を描いているところが多いのも、形を加工しやすい石灰岩が使われていることと無関係じゃないらしい。
 この辺りはきれいな長方体を組み上げた布積。野面積やあいかた積のところもあるみたいだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城の正門

Dvc00539

「歓会門で~す!」
「正門で~す!」
「あたしやおぶぎょうさまのようなやくにんや、がいこくのえらいひとがつかいましたの。
 うふ」
「いまは誰でも通れるからいいの」

「この内側が首里城の城郭内ってことになるかな。
 両脇にはシーサーも控えているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

門のようで門でない

Dvc00537

「守礼門から次の歓会門へと向かう道の左側にある、石作りの門。
 他の門と比べても、様式といい、雰囲気といい、明らかに格が違う感じがあるんだよなぁ。
 実は、王様が首里城の外で出るときに道中の安全を祈願した場所で、園比屋武御嶽石門(そのひやんうたきいしもん)って言うんだ。
 門というより、神社の拝殿のようなところで、門の向こう側に広がる森が正殿に当たると考えるとわかりやすいのかな。
 だから、門と言っても、ここをくぐって出かけました、ということではないんだ。
 尚真王時代の1519年の創建だけれど、1945年沖縄戦で破壊。
 1957年に復元され、その後解体修理などを経ていまに至るそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守礼門

Dvc00532

「首里城というと誰もが思い描くのがこの守礼門よね。
 1580年前後に作られて特別なときにだけ飾っていた『守禮之邦』の扁額が、1650年頃から常時飾られるようになったもんだから、いつしか守礼門と呼ばれるようになったそうよ。
 中国風でありながら、和洋建築の様式も取り入れた、独特の形をしているの。
 1945年に戦災で焼失、いまの門は1958年に再建したものよ。
 この守礼門、首里城公園の入り口にあるものだから、首里城第一の門……かと思ったら、そうじゃなくて第二の門なんですって。
 守礼門の前の道をまっすぐ500メートルくらい行ったところに、かつては第一の門・中山門があったそうよ。1908年に老朽化で取り壊されてそのまま……なんで再建しないのかしらね?
 それにしても、あたしが守礼門と一緒に写ると、2000円札と間違える人続出で、社会問題にならないかしら?
 うふっ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉陵を後に

Dvc00530

「暑かったね~」
「かげになるところがないんだもん~」

「一息つけるところに行きたいわね」
「首里城公園がすぐ隣だから、ジュースでも買えるよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中室の謎の蔵骨器

Dvc00529

「東室と西室の間にある中室。
 ここは、王様が亡くなった後、遺骸を安置する場所なんだ。
 沖縄では、かつては土葬が行われていたそうだが、12~13世紀頃から、岩穴などに遺体を安置し、白骨化するのを待って、骨を洗って蔵骨器に納める洗骨葬が主流だったんだ。
 1920年に亡くなった、最後の琉球王の長男、尚典候は、中室に安置された後、1934年まで待って、洗骨の儀式が執り行われたそうだ。
 もうひとつ、この中室には被葬者がわからない蔵骨器が1つだけ納められているそうだ。
 一説には、政争に巻き込まれて悲劇の死を遂げた希代の易者、木田大時ではないかと言われているそうなんだけれど、真偽は不明。
 この木田大時の話と言うのがまた泣ける話で……(以下、シシちゃんが1時間くらい語りそうなので略)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西室は家族のお墓

Dvc00528

「向かって右側、西室には王家の家族の中でも限られた人が埋葬されているそうだ。
 屋根は、一見、板葺屋根風なんだけれど、もちろん石造りで、住んでいた宮殿を模して作っているらしいな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉陵の最内へ

Dvc00526_2

「玉陵は1501年に尚真王が父親の尚円王のために作った、王と王族のためのお墓なんだ。
 大きく3つのブロックに分かれるうち、いま見えている東室は、琉球王国の王様と、王妃様の遺骨が納められる場所に当たるんだ。
 遺骨は蔵骨器あるいは厨子と呼ばれる骨壷、というか、小さな祠のような形をした入れ物に入れて、それぞれ決められた場所に納めるんだ。
 初代の尚円王の蔵骨器は、立派な輝緑岩製で、彫刻も施されているそうだ。
 2代尚真王からは石灰岩製、13代の尚敬王からは陶器製。質素なものから、お坊さんの絵が描かれているもの、シャチホコのようなものが屋根に乗っているものなど、時代によってさまざまなんだって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表参道より中へ

Dvc00525

「表参道をくぐると、広場があるんだ。
 いま見えている中門の先が、王族のお墓になるんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉陵へ

Dvc00524

「玉陵と書いて、たまうどぅん。
 琉球王朝の陵墓で、国指定重要文化財、国指定史跡、そして世界遺産の一部でもあるんだ。
 首里城のすぐ近くにあるんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみがえる

Dvc00523

「マンゴージュースで復活!
 本当にオアシスのような店だな。
 ありがとう、真珠」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西のアザナへ

Dvc00559

『うふっ』
「西のアザナと呼ばれている物見台に来ていま~す!
 西は『いり』って読むのよ」
「広福門の内側に入ると、首里城の内側の城壁の中ということになるんだ。
 その西の端にあって、標高は130メートルくらいあるんだ」
「市街地が良く見えるね~」
「じつは、やけいがきれいな、なはしのゆうめいなびゅーすぽっとで~す」

「いまはカンカン照りだけどな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やはり途中でばてる

Dvc00522

「やっぱりバテたね」
「こないだも、ここですくわれたのよね~」

「石畳茶屋、真珠と書いてまだま。
 本当に、石畳道にキラッと光る真珠のようなお店よね」
「でも、ここを通ると、じつはすぐ上なんだよな~」
「しょうばいじょうずよね~」

「それにしても、母ちゃんだって、さっきまでひっくりかえってたのに」
「たべものかのみもので、すぐふっかつするのよね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金城大樋川

Dvc00520

「この巨大な石組、なんだと思う?
 昔の共同井戸なんだそうだ。
 崖の下からここへ地下水を導いているそうだ。
 石畳道の中ほどにあって、水飲み場にも使われたそうだし、この辺りではかつて薩摩藩から技術を取り入れて和紙をすいていたそうだよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名勝金城町石畳道

Dvc00519

「金城町石畳道入り口で~す」
「ここは、日本の道100選にも選ばれた、由緒と風情のある石畳の道なのよ」
「全長約300メートルなのに、高低差は相当あるんだよなぁ。
 国土地理院の地図があれば正確な高低差がわかるんだが」
「通りの途中には、ちゅらさんのエリーの家があるのでも有名よね。
 普通のお宅の外観だけを借りたそうだけど」

「父ちゃんも母ちゃんも忘れてるよなぁ。
 一昨年もわざわざここまで下りてきて、のぼるのにひどいめにあったのに」
「ひっくりかえってたのにね~。なんでわざわざしたまでおりるのかしらね~」
「あのときは11月なのに、とうちん塩ふいてただろ?」
「いまのうち、えんがちょ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里金城の大アカギ

Dvc00516

「この木と奥の木は首里金城の大アカギと言われていて、樹齢200年以上の大アカギが6本、残っているうちの2本なんだ。
 昔はこうした大木がたくさん残っていたそうなんだけれど、沖縄戦でほとんど焼かれてしまったんだそうだ。
 奥の大アカギは樹齢300年以上、根本は空洞になっているとか。
 この辺りの御神木だな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ところ変われど

Dvc00515

「暑いだろうと思えば、こうやって手ぬぐいをかけてあげる。
 信心深い人のやさしさは、どこの土地でもかわらないな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崎山公園から首里城をのぞむ

Dvc00514

『うふっ』
「いやいやいや、うふっ、はないだろ?」
「さいしんのはやりで~す」
「遠く後ろに見えるのが首里城で~す!」

「首里城ってのは山城だったのね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール

Dvc00513_3

「これはクリーム地のマンホールの小型版かな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール6

Dvc00512s

「こちらはデザインは首里織で、地のカラーがクリーム色と黄色のタイプ。
 文字は『うすい』のタイプもあるらしいな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール5

Dvc00510s

「首里城の辺りは景観重視で、マンホールも凝ったデザインのものがいろいろあるんだ。
 これは、沖縄の織物、首里織の模様をデザイン化したそうだ。
 地の色はクリーム色かな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崎山馬場ギャラリー

Dvc00509s

「崎山馬場って、あちこちによくわからない芸術作品が飾ってあるんだよなぁ。
 これは馬に乗る……武士かな?農民かな?
 抽象的な彫刻もあって、まあ楽しめるような、いらないような」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

末衛増御嶽

Dvc00508s

「崎山馬場にも近い街中にあるこの岩の山、シーマウタキ、またはウガングヮーと呼ばれる聖域なんだ。
 御嶽っていうのは、神様や先祖が宿る場所っていう感じなのかな。
 つまりここも一種の祭祀の場所ってことになるんだな。
 ここには昔は井戸があって、馬が水を飲んだり浴びたりしていたんだそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城下の崎山馬場

Dvc00505

「この直線道路、崎山馬場とか、崎山の馬場通りとか呼ばれているんだ。
 瑞泉通りっていう別名もあるかな。瑞泉って有名な泡盛の蔵もこの通り沿いなんだ。
 昔は琉球王家の馬場で、馬術訓練をしたり、王様がそれをご覧になったりしたんだそうだ。
 かつて琉球競馬が行われた時は、出場馬はこの崎山馬場から競馬場に当たる平良真地へパレードしていたそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里城周辺を歩く

Dvc00504s_2

「さっきまで、海の中を見ていたのに、この辺りは海抜100メートルを越えてるのか。
 ゆいレールで上ってくるときの景色なんかも、坂にある外国の街並みみたいだったもんな。
 那覇市って、広いんだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首里そばとじゅーしー

Dvc00503s

「首里そばで~す!」
「じゅーしーで~す!」
「おそばがじゅうしいじゃのう」
「違うよ、ちびマイ。じゅーしーって、炊き込みご飯のことだよ」

「太めの麺がかたいのがいいのよね。これぞ沖縄のそばよ」
「ソーキが入っていても、意外とあっさり。
 それにじゅーしーが残したおそばのつゆとよくあうのよね」
「有名店だけど、たしかにおいしいよね」
「うふ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待つこと18分

Dvc00502s

「やっぱり回転が早かったわね。うふ」
「うふ」
「もっと合席を活用すれば、待たなくて済む人も出てきそうだけれど、そこが観光客の多い店としては悩みどころだろうな」
「ボクたちのテーブルも、前と横の席、空いてるもんね」
「このテーブル、幅が狭いからなぁ。モノが置けないってのもあるかもな」
「そうよのう、うふ」
「なんか、うふにハマってるな、ちびマイ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列に並ぶ

Dvc00501s

「有名店の行列に並ぶより、普通のお店に並ばずに入るのがあたしのポリシーだけど、今日は仕方ないわね。
 チャタロウがまさかの改装中だったし。
 首里そばって、たいていのガイドに載ってる有名店なのよね。
 店内にも待っている人がいるらしいけど、まあおそばだから回転は早いわね、きっと。
 それにしても、店の前で車が渋滞しているのには驚いたけど。
 狭い駐車場をめぐるバトルがあるみたいね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール4

Dvc00500s

「おさかなマンホールの小型版だ。
 それにしても、凄い日差しだな。
 とうちんの影が写ってるけど、こうピーカンだとどうにもならんな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思わぬところで

Dvc00499s

「あれっ?
 牧志駅の下に見えてるのって、壺屋うふシーサーと対のさいおんうふシーサーじゃないか?
 こんなに近いんなら、記念写真を撮ってくるんだった。
 ウララで買ったマンホール本は新刊本だったから、ウララ開店まで待たなくてもジュンク堂で買えたわけだし、なんか今日はやることがちぐはぐだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珈琲でくつろぐ

Dvc00498s

「お店の名前は、ローズ・ルームっていうのね。
 がらくた部屋みたいだけど。
 でも、珈琲の味は、たしかよ。
 この時間だから、ランチに入ってくる地元の人も多いし、繁盛しているわね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオ的当たり

Dvc00495s

「いや、いや、いや、ここのマスターとは、話が合いそうな気がするぞ。
 特に、なにを漬け込んでいるのかよくわからないビンと、仮面ライダーウィザードを並べている辺り、とてつもないシンパシーを感じる!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間つぶしに

Dvc00497s

「12時までまだ時間があるから、喫茶店に飛び込んだんだけど……
 これはちょっと店の選択を間違えたかな?
 なんかよくわからないチラシやポスターでごちゃごちゃだし」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫抑え

Dvc00494s

「うふっ。
 焼き菓子買っちゃった。
 中にはむらさきいものあんが入っているんですって。
 こういうのを歩きながら食べるのも、観光ならではね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

号外と温度差

Dvc00493s

「やっぱり号外が出たか。
 本土では一般のニュースに埋没しちゃうんだろうけどなぁ。
 表は辺野古に関する裁判、裏は北部のヘリパッド工事強行再開。
 参院選終わったばかりで、こういうことをしたら、ますますこじれるのに。
 そもそも、沖縄では自民党、負けてるんだからさ。
 移設っていう言葉も、こちらでは『古くなった施設の土地を返す代わりに、新しい施設を建設させられている』っていう感覚だから、新基地建設って表現しているしなぁ。
 沖縄で感じる、こういう当たり前の感覚を、本土の人ももっと感じなきゃダメだし、沖縄県ももっと発信しないといけないんだろうなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えることは同じ

Dvc00491s

「こっちのはなれでも、焼き物売ってるんだって」
「ちっちゃなたてものね~」
「チャタロウのちっちゃなはなれだから、お店の人はコタロウって呼んでるんだって」
「とうちん、なあちんなみのせんすでも、やきものってつくれるのね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらに予定が狂う

Dvc00492s

「マイコぉ、カフェは休みだってさ。
 いま、改装中なんだって。
 う~ん、オルカの乗船時間といい、ウララのマンホール本といい、今日はなんか微妙に予定が狂っていくなぁ。
 ……あれ?マイコ、大丈夫か?目、回してないか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日第2の目的地

Dvc00490s

「こたたまにっきとしては、ここは那覇では外せない観光名所よ。
 やむちんとカフェ、チャタロウ。
 今日も朝ご飯をがまんして、昨日のお店のCランチもがまんして、ここでご飯を食べるの、楽しみにしてたのよ。
 焼き物も売っているの。中は撮影できないみたいだけどね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨大シーサーとの出会い

Dvc00488s

「壺屋うふシーサーさんで~す」
「うふ」
「うふ」
「うふ」

「お前たち、なんで、うふ、うふ言ってるんだ?」
「だって、うふシーサーさんでしょ?うふっ」
「おぶぎょう、うふっていうのはおおきいっていういみですよ~」
「えっ?そうなの?」
「じゃ、なんでちびマイまで、うふって言ってたの?」
「うふっ」

「なんだかなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール3

Dvc00487s

「マンホールの本なんてのが気になってたから、下ばっかり見て歩いてたな。
 これははじめて見るなぁ。
 波をデザインしているようだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙なずれ

Dvc00486s

「『沖縄のデザインマンホール図鑑』発売中?
 しまった!昨日気がついていれば……
 ウララってたしか正午オープンだったよな。
 う~ん、正午まで牧志周辺から移動できなくなっちゃったな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国際通りへ

Dvc00485s

「那覇観光のメインストリート、国際通りで~す!」
「ショッピングを楽しむにはここが一番で~す!」
「だから、うちにはあまりえんがありませ~ん!」
「うち、貧乏だからなぁ」

「貧乏はともかく、俺たちにはここっていう店がないんだよなぁ」
「まあ、あたしたちに縁がないのは確かね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車内広告

Dvc00483

「航空自衛隊のサマーフェスタ?
 こんな催しがあるんだ。しかもこれって今日じゃん。
 夕方、遊びに行ってみるか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆいレールで牧志へ

Dvc00482

「来たっ!
 2日間乗車券を買ったことだし、できるだけ活用しないとな。でへへ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイサイ自販機

Dvc00481

「へぇ~。沖縄方言でねぇ。
 でも、俺は機械は無意味にしゃべらなくていいっていう考えなんだが」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここはどこ?

Dvc00479

「ゆいレールの駅名表示、ハングルや中国語表示が充実しているなぁ。
 それだけ観光客を意識しているってことだよな。
 東京って、オリンピックで騒いでいる割に、こういう部分が相当遅れているよなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ?ヘリオス?

Dvc00478

「あれ?こんな港に近いところにヘリオスの営業所があるんだ。
 そういえば、今回はまだヘリオスビールは飲んでないなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当は2便に載るはずだった

Dvc00477

「なるほどなぁ。凄い子供の数。
 それで、2便から1便に変えるように勧めてきたのか。
 この子たちと一緒に船に乗ったら、ちょっと楽しかったろうなぁ。
 ……ウソぴょん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、オルカ号

Dvc00476s

「まあ、面白かったかな。
 これで一昨年のリベンジは果たせたし。
 濡れないで海の中を見るには、これが一番だろうなぁ。
 ありがとう、楽しかったよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接岸

Dvc00474s

「これ、ゴム製なのかな?
 思っていたより硬いけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

那覇の街へ

Dvc00473

「行き5分、水中観光15分、帰り15分か。
 短い割に充実した旅だったな。
 やっぱり、港の中は水が緑に見えるなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風に吹かれて

Dvc00472

「風に当たっていたら、ずいぶんおさまったよ。
 やっぱり、外海の色はきれいだなぁ。
 防波堤もすぐ近くにあるのに、豊かな海が街のすぐ外に広がっているんだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオ、船と魚に酔う

Dvc00470

「途中から声がしなくなったと思ったら……」
「酔った。船と魚に酔った」
「まあ、こうなるんじゃないかとは思ったけど」
「おさかなでてきてからは、おもしろかったのにね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前がわからない

Dvc00469

「そろそろ水中観光も終わりなのね。
 よく見ていると、いろんな種類の魚がいるのね。
 名前がわからないのがちょっと残念だわ。
 船室には一応、見られる魚の解説もあるんだけど、やっぱり外がきれいだと、船の中の写真を見る気になれないのよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚、舞う

Dvc00467_2

「忙しく泳ぐんだね~」
「めがまわるね~」

「ガラスが邪魔よね~。
 外で釣れないのかしら?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚の群れ

Dvc00463

「うわ~。キラキラ光ってるなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おさかな!

Dvc00461

「おさかなっ!」
「急にあつまってきたね」

「日の光が差し込んできているところは、結構見えるな」
「あれ、食べられるのかしら?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンゴの海

Dvc00459

「海底はサンゴなんだね」
「あんまりきれいじゃないのね」
「街化石探険隊を思い出せよ。
 赤サンゴばかりのわけがないだろ?」
「見える、レベルだし」
「おさかないないね~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

船室へ

Dvc00457

「あれ?見えるけど……」
「こんなものなのかしら?」
「なるほどね~。これが見えるレベルなのか~」
「おにいちゃん、なにかんしんしてるの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的海到着

Dvc00455

「止まったな。
 まだ出港して15分くらいだけど、もう着いたのかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑から青へ

Dvc00454

「湾の中と外海の境みたいに、水の色が変わってるな。
 外海はきれいなブルーなんだなぁ。
 乗ってよかったよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

180度回頭

Dvc00450

「出発したね!」
「面舵いっぱ~い!」
「父ちゃん、そういうのやめようよ、こどもじゃないんだから」
「やっぱりこっち側の方が海がきれいね」
「みずがみどりっぽいね~」
「まだ港の中だから、にごってるんだろうな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1階左舷貸し切り状態

Dvc00449

「そういうわけで、一昨年乗れなかった水中観光船オルガに乗りました!」
「前は、台風が通過した後で、船が揺れすぎるんで出港できなかったのよね」
「2かいはちゅうごくじんだらけだね~」
「この階は家族連れが多いのかな?」

「こっち側に人が来ないわね」
「あっちの方が海が見えて景色がいいからな。
 でも、出発したら180度回頭するんだから、海が良く見えるのはこっち側なんだが……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔のなごり

Dvc00448s

「昔、沖縄が日本に復帰する前は、アメリカ製品をはじめとする外国製品は、税金が安かったのよね。それを目当てに買い物に来る日本人も多かったとか。
 それで、復帰した後もウイスキーや、サンゴ、香水なんかの一部商品を、観光客が使わないで持ち帰った時に、税金を返してくれる制度があったそうなの。
 それがもどし税。
 2002年に廃止になったそうだけどね。

 ……ちっ。ぬかよろこびしちゃったじゃないのよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見えます、揺れます、水中観光船

Dvc00447s

「やった!今日は普通に海底が見えるみたい!
 ちょっとゆれそうだけど、ま、大丈夫だよね。
 心配なのは父ちゃんかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉と沖縄の意外な関係

沖縄県、千葉県に併合

「みぃつけた、ドクターペッパー
 ちばらぎのソウル・炭酸飲料。
 日本では1973年から発売されているドクターペッパーは、ちばらぎではコカコーラより安く販売されていたこともあって、とうちんも毛があったころから飲んでいた、身近な炭酸飲料だったんだよな。
 だけど、常に主力商品として取り扱っていたのは、千葉、茨城、栃木、東京、そして沖縄くらいで、首都圏の他県や新潟、静岡などではまあ手に入るかなってくらいの扱い、他県には販売網がなくて、全国区の商品ではないんだよな。
 というわけで、意外なところで沖縄とちばらぎはつながっていたんだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るいけれどお開き

Dvc00444

「陽が沈んだな」
「夕焼けきれいね」
「さ、つぎたべにいこ」
「あたし、みみがーたべたい!」

「ちびシシ、ちびマイ、満腹中枢どうかしただろ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

街の灯

Dvc00442

「ビルに灯りがついてきたね」
「きれいね~」

「せっかくなんだから、船もライトアップしたらきれいでしょうね~」
「なあ、もう下に下りようぜ~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚も食べなきゃ

Dvc00441s

「やっぱり豚も食べないとなぁ」
「今日は昼も夜も塊のお肉ね」
「おいしそうだね~」
「これでとうぶん、そしょくよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ陽が沈む

Dvc00440

「ねえ、シシオ。
 あたしの後ろに隠れないと景色が見られないくらいこわい?」
「こわい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島らっきょうもおいしい

Dvc00438s

「あたしは島らっきょうで飲むのもすきなのよ。
 この、どうということのない素朴な味がビールに合うのよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徐々に夕焼けに

Dvc00436

「コタ、どう?
 でへへでしょ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海を見ながら

Dvc00435

「料理はおいしいわよね」
「串もいけるな」
「海もきれいだよね~」
「めのほようよね~」

「それが、海に背を向けて言うセリフか、ふたりとも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2杯目はビンビール

Dvc00433s

「2杯目はオリオンビールのビンにしました~!
 えっ?なぜかって?
 そりゃ……そりゃ、察してくれよ。
 なにせ、富重さんのところでビール飲んだばかりだしさ。
 ま、生はアサヒらしいから、オリオンが飲みたくなったって言い訳はきくな。うん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりゴーヤを

Dvc00432s

「いまやゴーヤは全国区だけどな」
「でも、やっぱり沖縄に来たらゴーヤは食べとかないとね」
「あたし、にがいのだいじょうぶ~」
「ビールで慣れてま~す!」

「う~ん、人間だと問題発言だが、獅子だから良しとしよう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ陽は高く

Dvc00428

「……」
「……」

「……きれいね~」
「……みんな、なんで平気なの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんきんグラスのオリオンビール

Dvc00429s

「まだ日がある内から、いいのかな?」
「いいに決まってるじゃないのよ」
「グラスキンキンに冷えてるね」
「こおりがぐらすのなかについていると、ぐらすのせんじょうをごまかしやすいきがしま~す」

「それに、グラスの中の氷が解けると、味も水っぽくなるしなぁ。
 ビールも質も、瞬間的に凍るんで変わってしまうことがあるらしいしな」
「ま、暑いから、まずは涼みましょ」
「じゃ、せ~の」
『いっただっきま~す!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビルの屋上のビアガーデンへ

Dvc00427s

「風が気持ちいいわね」
「海がみえるね~」
「おふねもたくさんうかんでるね~」

「……お前たち、なんで高いところ平気なの?
 ちびシシっ、ちびマイっ、あんまり際までいくんじゃないぞっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ところ変われば

ところ変われば

「ぶらぶら歩いていて、偶然通りかかったこの不思議な壁と門。
 崇元寺っていうお寺の門なんだって。
 道の名前にもなっていて、沖縄ではそれなりに有名なお寺なんだそうだ
 こういう建造物を見ると、やっぱり沖縄は別の文化が培われていた場所なんだなぁって思うなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずらんさんの本屋さん

すずらんさんの本屋さん

「市場の古本屋、ウララ。
 牧志公設市場のすぐ隣にある古本屋さん。
 さっき立ちよった、ジュンク堂に勤めていた方が独立して開いた古本屋さんなんだ。
 この春終了しちったBS11のすずらん本屋堂で紹介されていて、今回真っ先に来てみたかったところなんだ。
 お店の中に入ると、もう目の前に本があるくらい狭くて、老眼のとうちんにはちっと辛かったみたいだな。
 残念ながら店主さんは今日はお休み。最近は古本屋の仲間の方たちが交代で店番をしてくださってるみたいだな。
 残念ながらほしかった本は見つからなかったけど、いい空間で、個人経営が厳しくなる中だけど、長く続いてほしい本屋さんだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沖縄ジュンク堂にて

沖縄ジュンク堂にて

「う~ん、これっていつもごちそうになるおばさん、じゃない、お姉さんだよなぁ。
 すっかり全国区だなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庶民的

庶民的

「お店の中はこんな感じなの。
 結構、地元の人や高校生も来ていて、庶民的なのよ。
 今日はステーキを頼んだけれど、実は本当の目玉メニューは、5チャリンのCランチよね。
 この値段でとんかつとハンバーグがつくらしいわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アツアツすぎて

アツアツすぎて

「お店の名物、テンダーロインステーキで~す!」
「アツアツのジュージューだな」
「すごい水蒸気だね」
「まわりがよくみえないね~」

「ライスとサラダ、クリームシチューがついて23チャリンなの」
「牛肉なんて、本当に久しぶりだなぁ」
「それに、注文してからわずか5分で食べられるっていう辺りも、すごいわよね。
 お腹ぺこぺこだったから、とってもありがたいわ」
「じゃ、とうちん、遠慮なく」
『いっただっきま~す!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アムロレイマーク

アムロレイマーク

「あった!
 あのAマークこそ、伝説のガンダムパイロット、アムロレイが愛した店だけに掲げられる特別な印なんだっ!

 ……わかってるって。自分で言ってても無理あるのは。
 本当はAサインって言って、沖縄がまだ日本に返還される前に、アメリカ軍人や軍属が店を利用してもいいよっていう許可証なんだと。
 もちろん、今では意味のない許可証だけれど、まあ、老舗のシンボルみたいな感じで飾っている店が多いそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空席あり

空席あり

「青信号?空席あり?
 そんなの関係ないわよ。空席なくったって、がっつりいただくわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずはがっつり

まずはがっつり

「朝ご飯も食べられなかったし、あたしはもう限界よ。
 がっつり食べなきゃ収まらないわよ。
 今日こそは塊のお肉よ。お肉。
 とうちんの財布?そんなこと知らないわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール2

シシオの気になる那覇のマンホール2

「こちらはお魚がぐるりと取り囲むデザイン。
 この、なんのへんてつもなさそうなマンホール、実は昭和52年にデザインされた、日本のデザインマンホール第1号なんだそうだ。
 当時、生活排水で川が汚れていたことを踏まえて、下水道が整備されて再び魚が棲めるきれいな川になるように、という願いも込められたデザインなんだそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる那覇のマンホール

シシオの気になる那覇のマンホール

「あんまり変わり映えしなかったな。
 中央は那覇市の市章だな。
 片仮名のナハをデザインしているんだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺぺさん、順調です

ぺぺさん、順調です

ぺぺさん、昨日の朝・昼・夜と、今朝もスプーン小さじ1杯くらいずつウェットフードを食べました。水も飲めているようです。

今朝は、点滴科→栄養科→毛すき科と今終わり、ぶすくれています。
抜け毛も少なくなり、元の?美猫への復活ももうすぐ、だよね?ぺぺさん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖地から届いた贈り物

聖地から届いた贈り物

シシちゃんマイちゃんたちから、旅の途中に寄った聖地・岡山から届いた、オハヨーのカフェオレとコーヒーだよ。
牛乳が地元で手に入らなかったのには驚きだったけど。
それは、やっぱり巡礼に行かないといただけないのかな。

そうそう、最近、オハヨー製品の紹介をさぼっていたから、またオハヨーを紹介していこうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんとなく、それっぽく

なんとなく、それっぽく

「それでも、きれいに泡を作れば、酸化を防げるってことになるわけだ。
 おいしいビールを飲むのって、実は奥深く大変なんだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同じ味は無理

同じ味は無理

「う~ん、やっぱり手で注いでも、注ぐスピードが出ないなぁ。
 あの切れのある味は、昭和のサーバーじゃないと無理なんだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京のこだわりの店

東京のこだわりの店

「重富さんがいいって思うお店、東京にもたくさんあるのね。
 ライオンはやっぱり銀座7丁目のビアホールがおすすめなんですって。
 他にも、灘コロンビアのサーバーを受け継いだビアライゼ98とか、新橋ガード下のDRY-DOCKとか、おいしいビールが楽しめるお店が、銀座、新橋にはたくさんあるんですって。
 これは、旅から戻ったらぜひいかなくっちゃだわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灘コロンビア注ぎ

灘コロンビア注ぎ

「かつて八重洲口にあった灘コロンビア。
 灘コロンビアには、新井徳司さんっていう伝説のビールの注ぎ手がいたそうなの。
 その注ぎ方を目指しているのが灘コロンビア注ぎなんですって。
 ビールも注ぎ方一つで味わいが変わる。
 本当に奥が深いわね。
 ちなみに、灘コロンビアのビールサーバーを受け継いでいるお店が東京にまだあるらしいわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが三度注ぎ

これが3度注ぎ

「注ぐのに、本当に5分待たされる三度注ぎ。
 クリーミーな泡が面白いわよね。
 勢いよく2度注いだビールの上に最後に泡を注ぐので、中のビールは実は炭酸がとんだ状態なんですって。
 だから、炭酸が苦手っていう人や、苦味が苦手っていう人に特にお勧めの注ぎ方なんですって。
 ちなみに、夜の営業では専用グラスではなくプラスチックカップ。
 注ぎ方も、重富注ぎはしないなど、限定しているんですって。
 そうしないと、5時~7時のお客様が減ってしまうんですって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カープファンでなくても大丈夫だった

カープファンでなくても大丈夫だった

「カープ、延長戦で負けちったんだよな」
「でも、笑顔でお店、やるのね」
「てんちょうさん、やさしいね~」
「店に入るなり、とうちんのサッポロビールTシャツに突っ込んでたね」
「カープファンでなくても、いいんですよって言ってくれたしな。
 もっとも、カープファンは試合終了直後はまだ球場だろうし。
 負けると客足が鈍いらしい。
 ビールのメーカーも、この店で普段提供しているのはスーパードライだけれど、2月には、キリン、サッポロ、サントリーを10日ごとに変えて提供しているんだってさ。
 イベントでは、主催者の意向でメーカーが決まるみたいだしね」
「あの真ん中のが昭和初期のサーバーね」
「右側は平成のサーバーなんだって。
 昭和のサーバーは、毎回注ぎ口から出るビールのスピードも違って、扱いが難しいらしいな。だから、プロの技術が必要なんだって。
 平成のサーバーは誰でも扱える様になっているけれど、その分うまみもそこそこになっちゃうらしいんだ」
「あわそぎ3ねん、つぎ8ねんっていうんだって」
「注ぎ手が絶滅危惧種になっちゃってるんだって」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直伝の店は貸し切り

直伝の店は貸し切り

「うにゅにゅにゅにゅっ!
 重富さんのビールの注ぎ方を直伝された店だって言うからわざわざ来たのに、やってるかと思いきや、貸し切りってどういうことだよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜の営業

夜の営業

「いま夜10時過ぎなんだけど、広島カープ対中日ドラゴンズ戦は6対6で延長戦に突入。
 もちろん、営業はカープの試合が終わらないと始まらないんだよなぁ。
 まさかまさかの展開だな。
 仕方ない、直伝の居酒屋で待つとするか」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺぺさん、復活途中です

ぺぺさん、復活途中です

ぺぺさん、昨日で丸一週間、何も食べていませんでした。
日曜日に、動物病院に点滴を取りに行った時に、当時もう5日何も食べないし、口元に持って行っても嫌がる様子を伝えました。
栄養剤をどうするか相談し、時間を長引かせるだけになるなら・・・ともらってきませんでした。
父も、このまま、脱水でというのはかわいそうだから、点滴だけは続けてあとはそのまま逝かせてやろう、ということになりました。
先生は、今月いっぱいくらい・・・かな・・・、と。

ところが、ぺぺさん、昨日になって、少量ですが、自力で水を飲むようになり、ゆっくりですが部屋のあちこちに動くようになりました。
あれ?
しかも、何となく目力も戻ってきてるし。
くしゃくん、くしゃん、とくしゃみと鼻水も出るようになりました。
(ぺぺは、呼吸器が弱く、慢性鼻炎でもあるので、脱水が進むと、痰や鼻水がへばりついてしまい呼吸が苦しくなる)
もしかして、良くなっているの?ぺぺさん。
父と再度相談し、これなら今のうちに栄養剤をあげてみようかということにしました。

また、朝の点滴も暴れて途中で断念し70~80ccくらいしか入れられなかったので(水曜日が休診日になるので)夕方は病院でしっかり点滴を入れてもらおうと連れていきました。

先生に様子を伝えると、先週注射した抗生剤が効いてきて、また朝晩点滴を継続して脱水が改善してきて、良くなってきているのかも。先週より元気になっていると。

帰宅後、ぺぺさんに栄養剤をあげてみたら、これまたすんなり舐めました。(歯がないので噛まれても痛くないし)

そして、今朝、少し猫缶を食べました。
昨日よりしっかりと部屋をウロウロできています。
根性猫ぺぺさん、まだまだ落ちぶれている場合ではありません。復活途中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カキフライの玉子とじ

Dvc00401s

「みたいな名前で~す。
 よっぱらいに、正確な名前を期待したりしないわよね。
 カキフライを玉子でとじた、ま、そこまでしなくてもいいんじゃないっていう一品で~す」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実はすでにできてます

Dvc00398s

「なんか野菜ばっかりね」
「もずくなんてだれがたのんだの?」
「ねえl、お肉は?」

「お前たち、ひょっとして重富さんで空きっ腹で飲んで、すでにべろべろなんじゃないのか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮島ビールで乾杯

Dvc00400s

「しかたないから、重富さんからも近い戦国天下鳥に来たら、ありました!
 宮島ビール!ペールエール!
 まあ、あれだけのビール飲んだ後だから、瓶から自分で注ぐのが一番いいかもなぁ。
 あれより納得のいくビールなんて、まずないもん。
 ちなみに、写真がちっと赤くなっちってるけど、実際の色も淡い褐色なんだ。
 柑橘系の香りがよく、麦の甘みとホップの苦みのバランスがいいって印象かな。
 缶ビールを送るから、コタもレポート頼むな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直伝の店は休み

直伝の店は休み

「きぃぃぃぃっ!
 重富さんのビールの注ぎ方を直伝された店だって言うからわざわざ来たのに、休みってどういうことよっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NO BEER NO LIFE

NO BEER NO LIFE

「082?
 オヤジかな?
 NO BEER NO LIFEはうちも一緒だなぁ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泡が違う昭和の二度注ぎ

泡が違う昭和の二度注ぎ

「一度注ぎの勢いそのままに注いだビールに、柔らかな泡を加えた二度注ぎ。
 ビールの泡は、酸化を防いだり、苦味を吸着する役割を果たすから、より麦の甘みや旨みが感じられるようになるの。
 泡持ちが一度注ぎとは全く違って、とっても長持ち。
 しかも、泡自体がもちもち。
 落ち着いてじっくりゆっくり味わいたい一杯よね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが昭和……でないサーバー

これが昭和……でないサーバー

「こっちは平成のサーバーなのね。
 昭和の40年代くらいから、こういう形のサーバーに変わってきたらしいわね。
 重富注ぎは、こちらのサーバーで注ぐそうよ。
 昭和のサーバーは他のお客様の後ろにあって写真に撮れないのよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが一度注ぎ

これが一度注ぎ

「昭和の一度注ぎ。
 昭和初期のサーバーで勢いよく注いだビールの泡を切ってすぐお客様に提供するの。
 これって、サーバーから出るビールの勢いがすごいからこそできる注ぎ方よね。
 泡の持ちはよくないけれど、その分軽いっていうのか、のどごしがいいって言うのか、初めのいっぱいは切れの良いビールが飲みたいってときには最適よね。
 意外だけれど、苦味もうすいのね。
 お店では『元気がいいビール』って表現しているけど、まさにそのとおりよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あちこちにこだわり

Dvc00390s

「これは店の入り口。
 なんか、はっとするところに、いろいろと細かいこだわりを感じるんだよなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カープファン以外肩身が狭い?

カープファン以外肩身が狭い?

「普段は5時~7時しか営業していないけど、地元でカープの試合があるときだけ、ナイター終了から2時間特別に営業するんだって。
 今年はカープ、絶好調で首位独走しているから、カープファンで盛り上がるんだろうなぁ。
 ビールファンは入れるのかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不可思議なメニュー

不可思議なメニュー

「倉庫の一部を改装して、ビールスタンドをしているのね。
 営業時間17時~19時?短かいのね。
 しかも、食べ物一切なし、ビールも一人二杯まで?
 メニューもビールの種類じゃなくて、注ぎ方だけ?
 今日の注ぎ手は砂田広海さん?注ぎ手の名前もわざわざ掲げているのね。
 本当に摩訶不思議なお店ね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイコの気になる普通の酒屋

マイコの気になる普通の酒屋

「広島でぐうたらするはずだったのに、なあちんがここに行けって言うから来てみたのよ。
 来てみたら、重富酒店っていう、タダの町の酒屋なのよね。
 でも、凄い行列。
 なんなのかしら?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちらは、よくわからん兄妹

こちらは、よくわからん兄妹

さくらさんは、なぜかこの袋をくわえて移動させながら、わざわざ敷物運んであちこち場所を変えて寝ています。

さつきくんも、あちこち場所を変えて寝転がりますが、保護色なので危ないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しい2ショット

珍しい2ショット

なかなか珍しい2ショットです。
この、何とも言えない距離感もまたいいですねぇ。

ちなみに、タッタくんはトイレの中で涼んでいます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カラーマンホールも発見

Dvc00385s

「折り鶴のカラーマンホールも発見。
 これなら、折り鶴だってわかるな。
 ちなみに、広島では歩道にのみ、カラーマンホールを設置しているそうなんだ。
 他の市はどうなのかな?
 酒井市はあまり関係なさそうだったけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる広島のマンホール

Dvc00384s

「広島市には、カープ坊やとか、カラーデザインマンホールが何種類かあるそうなんだけど、どの地区にどのマンホールを置くかは景観計画で決まっているみたいで、なかなかいろんなのには出会えないんだよなぁ。
 そんななかで、一番見かけたのがこのタイプ。
 幾何学模様で、何が描かれているのかよくわからなかったんだけど、これは折り鶴をデザインしているんだ。
 祈りの平和都市、広島のイメージにぴったりのマンホールだな。
 ただ、折り鶴に気がつくまで相当かかったけどさ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島WINSにて

Dvc00383s

「なんだろう?
 この旅はオグリさまに縁があるような」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぺぺさん、がんばってます

ぺぺさん、がんばってます

一昨日の夜は、呼吸が弱く、口を開けていたので、次の朝はもう会えないかと心配していましたが、昨日の朝は幾分元気になっていました。

今朝は、窓辺まで移動して外を見ていました。
昨日まではトイレ以外ほとんど座布団から動かなかったので、少し調子いいのかな?

点滴も、昨夜と今朝は、途中で暴れて80ccくらいで断念。
まぁ、暴れる元気があるってことだもんね。

明日は病院が休みだから、体力的に大丈夫そうだったら、夕方は病院で点滴をしっかり入れてもらおうね、ぺぺさん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も5にゃんこごはん

今日も5にゃんこごはん

今朝は5にゃんこ車座でごはんです。
車座になるのは久しぶりかな。

誰かが具合悪いと、みんなでのごはんができないし、テン様が別場所でごはんということも多いです。

5にゃんこ車座朝ごはんは、平和な日常の光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤のイメージ、広島県民

Dvc00382s

「裏のイラストは、スポーツ応援を楽しむ広島県民。
 ようするに、この広島県民の熱さが褐色のイメージにつながっているのか。
 岡山づくりが赤を使わなかったのはこのせいだな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47都道府県の一番搾り・広島づくり@キリン

Dvc00381s

「岡山工場製造の広島づくり。
 これは、広島駅地下のスーパーで簡単に手に入ったよ。
 えっ?写真捕り損なってる?色がヘン?
 いやいや、俺もそう思ったんだよ、またとうちん下手こいたって。ホテルの照明で色合いがちゃんとでていないってさ。
 でも、そうじゃなくて、注いだときのこの褐色にまずびっくりするビールなんだ。
 真っ赤に燃える、広島の人のイメージを表す褐色なんだって。
 確かに、厳島神社の鳥居は赤いし、広島東洋カープは赤ヘルだし。
 でも、サンフレッチェは青いユニフォームじゃなかったっけ?
 この褐色は、カラメル麦芽で出したんだな。
 旨みを重視したつくりで、香りとか、苦味にはあまり特徴がないような気がするな。
 でも、米の甘みがいいね。広島県産の酒米がこの甘みに一役買っているんだそうだ

 あ、それから今日のホテル、まわりの評判がちょっとあれなんだけど、グラスの洗浄は◎!
 俺はこのホテル気にいったぜ」

原材料:麦芽、ホップ、米 Alc.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目もんごい亭で

Dvc00380s

「広島って、結構ラーメン屋さんも多いのね。
 夜も遅いから、ホテルに近い二代目もんごい亭でいただいてま~す。
 小さな海老がたくさんよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイキングカレー

バイキングカレー

「そろそろ朝のバイキングも飽きてきたので……」
「こういうときは朝からバイキングカレーよね」
「あたし、はんじゅくたまごとっぴんぐしたの」
「ボクはソーセージがいいなぁ」

「これでジオンはあと10年は戦える!」
「10年も旅するつもりないわよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だれ?

Dvc00375s

「吉本新喜劇座長、すち子さんって、だれ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47都道府県の一番搾り・大阪づくり@キリン

Dvc00374s

「岸和田のスーパーでなんとかゲットした大阪づくり。神戸工場の生産なんだ。
 6月7日発売で、もう上本町や難波のコンビニでは売り切れちゃってたんだよな。
 焦ったよ。なんとか手に入ってよかった。
 大阪づくりのコンセプトは『おもろないとあかん。それが、大阪の価値感』。
 なんやねん、それ。
 と思ったんだけど、本当に面白い仕上がりになってるよ。
 決め手になったのはブラボーホップ。
 おだやかな香りと苦みを醸し出しているんだ。
 ボディがしっかりしていてとっても"濃い"味。
 不思議な感覚のビールに仕上がっているな」

原材料:麦芽、ホップ Alc.6%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山はピンク?

Dvc00373s

「裏のイラストは瀬戸内海。
 これは早い者勝ちだな。他の瀬戸内海に面した県はどうするんだ?
 そして、イメージカラーはピンクっていうんだけど、これは太陽のイメージからってマジ?
 桃太郎じゃないの?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47都道府県の一番搾り・岡山づくり@キリン

Dvc00372s

「コンビニ4軒回って、そのうち2軒できっちりゲット!
 しかもどちらもこれで売り切れ!
 ぎりぎり間に合った、岡山工場の岡山づくりで~す!
 ホテルが変わってもグラスは相変わらずで~す。
 って、ホテルのグラス、これでいいのか?どういう洗浄をしているんだ?
 岡山づくりは地元づくりだけど、麦100%よりも地元の素材にこだわっているんだ。
 それで、岡山県産雄町米を加えたんだね。
 岡山づくりには、雄町米の甘みと旨みがぎっしり。
 そしてホップの苦みもキリっと。
 岡山県人だけじゃなく、お米好きの日本人に合いそうだな」

原材料:麦芽、ホップ、米 Alc.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖地岡山へ

聖地岡山へ

「岡山づくりは5月10日発売だったのか。
 これは手に入れられるかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賑やかに観戦、函館記念

賑やかに観戦、函館記念

コタ : なんだか、今日は賑やかだなぁ。さつきくんは参戦しなかったけど、レースは見るの?
ちゃんと見ないと、またさくら会長に怒られるよ。
テンちゃんも何気に結果は見届けるのかな?バイガエシくん1番人気じゃん。

コタ : 結果は、マイネルミラノくんの鮮やかな逃げ切りで、函館出身の丹内騎手は、念願だった地元での重賞Vで、故郷に錦を飾れたんだね。
って、猫たちもういないじゃんっ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

決まりました?

決まりました?

コタ : さくら会長、そろそろ決まりました?

さくら : あたし、このコで、テンおじさまはこっちだって。

コタ : え?テンちゃんも参戦するの?ま、いっか。どうせ払うのはとうちんだし。
えっと、さくら会長が、ネオリアリズムくんで、テンちゃんがバイガエシくんね。

さくら : そう、テンおじさま「やられなくてもバイガエシ」って言ってたわ。

コタ : テンちゃん・・・たしかにね。
そんで、コタは紅一点のオツウちゃん。
くろみつちゃんは、黒いレッドレイヴンくん。
しらたまちゃんは、白いマイネルフロストくん。
こだまちゃんは、ゴロンしてケイティーブライドくんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンおじさまに相談する

テンおじさまに相談する

さくら : ねぇ、テンおじさま~、函館記念、誰が勝つと思う?

テン : 知らねぇよ。俺、競馬やんないから。

さくら : でも、何となく選んで、当たると、カリカリとか猫缶とかもらえるのよぉ。

テン : ふ~ん・・・んじゃやってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館記念、参戦します?

函館記念、参戦します?

コタ : さくら会長、今日はサマー2000の第2戦、函館記念ですよ。
重賞も参戦するんですよね?

さくら : ん~・・・気が乗らないのよね~。

コタ : んじゃ、やめます?

さくら : そうは言ってないわよ~。

コタ : まぁ、まだ時間あるんで、ゆっくりどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がつんととんかつ

Dvc00371s

「朝がっつり」
「ひるがっつり」

「夜がっつり」
「そりゃ、太るよな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にやら

Dvc00370s

「岸和田の港で~す!」
「にほんかいで~す!」
「日本海じゃないよ。瀬戸内海だよ」

「大阪湾じゃないのか?」
「本当に、今は簡単に日本中を移動できる世の中なのね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる岸和田市のマンホール

Dvc00369s

「珍しく市章がデザインに含まれない岸和田市のマンホール。
 中央にあしらわれているのは市の花、バラなんだって。
 その周辺には岸和田城をデザインしているんだ。
 んで、俺の頭しか写ってないってどういうことよ、とうちん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のバカファミリー

今日のバカファミリー

やっぱり、親子いっしょなのねぇ。
一年前の夏とは、サイズがずいぶん違っているけど。
あと、タッタくんがファミリーにとけているのも、去年のこの時期にはまだ見られなかったものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヱビス東海道新幹線の旅

Dvc00368

「プレモルだけじゃないわよ。
 こっちはJR東海限定パッケージのヱビスビール。
 ヱビス東海道新幹線の旅!
 雷門や富士山、金の鯱鉾、大阪城などなど、東海道新幹線沿線の名所を盛り込んだ、すごろく風の楽しいイラスト入りなのよ。
 中身はいっしょね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デラックスすぎちって

Dvc00367s_2

「近鉄のアーバンライナーのDX席で~す!」
「5.1チャリンで乗れるのよ」
「ひろいね~」
「あたしたちせんようのせきまであるのね~」

「あんまり広すぎて、とうちんは右ひじが痛くなっちったみたいだぜ。
 貧乏人は身の丈に合った生活をした方がいいってことかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれぺぺさん

がんばれぺぺさん

ぺぺさん、暑さがこたえているのか、もう4日何も食べていません。
去年もこの時期にダウンして、奇跡の復活をとげたのですが。
朝晩自宅で点滴をしています。
昨日までは、まだ暴れる力があり、目標の100ccを入れられず、50~70ccくらいで断念していましたが、今日は暴れる気力もなくなってきたのか比較的おとなしく、朝晩と100ccずつ入れられました。
この座布団からほとんど動かないぺぺさん。震えていたので体温も下がっているのかも。
座布団の下に、しろぴょんの時にお世話になった電気マットを入れました。
ぺぺさん、20世紀生まれの根性で、この夏も乗り切っておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたいがリラや

あたいがリラや

うん。知ってる。

でも、ひとりでいるとタッタくんに間違われたりするよ。
そっくりなんだもん、あんたら。

そうやってちょっとすごんでいるけどさ、リラはん、出会った時はそんな風に座れなかったんだからね。
前脚はくちゃって倒れてつけなかったし、後ろ脚は動かなかったんだから。
40日くらい脊髄の神経の改善を図る薬を飲んでたんだからね、リラはん。
去年の今頃、ようやく薬なしの食事になったんじゃない?
本当に、良くなってよかったよ。だからさぁ、もう少し、人間と仲良くしようよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プレモルJR東海限定缶

Dvc00366s

「JR東海限定、夏の富士イラストの入ったThe PREMIUM MALT'Sだよ~ん。
 中身はいっしょね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏はやっぱり

Dvc00365s

「やっぱりというか、なんというか、裏はシャチホコがえらくデカい名古屋城。
 海老フライとか、天むすとかでもよかったんじゃないかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47都道府県の一番搾り・名古屋づくり@キリン

Dvc00364

「名古屋工場限定醸造の名古屋づくり。
 気合の入りやすい工場地元づくりの一つだな。
 説明によると、旨みがぎっしり詰まった味も色もしっかりと濃い一杯、ってことなんだけど、ホテルのグラスじゃよくわからんな。
 たしかにちっと濃い感じはするかな。
 味もしっかりしていて、名古屋の味噌の濃い料理なんかにも合いそう。
 苦味は程が良いかな」

原材料:麦芽、ホップ Alc.5.5%

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜11時の手洗い洗濯

夜11時の手洗い洗濯

「出発は朝8時50分なんだよなあ。
 空気清浄機の送風フル稼働で、出発に間に合うかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気がつかなかった

Dvc00359s

「へぇぇ。笠松駅のホームにあんな馬が彫られているなんて、しらなかったよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変わらない鬣

Dvc00358s

「たてがみの不思議な白い色は、前来たときと変わってないな。
 笠松競馬場とともに、いつまでもここにあってほしいなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱりオグリさまの前で

Dvc00357

『にい~~っ!』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一頭のアイドルホース

Dvc00356s

「そうそう、笠松競馬といえば、最近はラブミーチャンの活躍も光っていたよなぁ。
 ラブミーチャンがいたときは、もう少し観客も入っていたのかなぁ?
 ドクターコパも、またいい馬を笠松で走らせてくれないかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルホースは永遠に

Dvc00355s

「今でも笠松競馬最大のアイドルホースはオグリキャップなんだなぁ。
 オグリキャップがかすむくらいの大スターホースが現れれば、笠松競馬ももうちっと活況を呈するんだろうけどなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠松手ごわし

Dvc00354s

「シシオ、最終レース当たったのよね?」
「馬連と、三連複と、8レースの三連単だよね~」
「なのに、これだけ?」

「聞くな。予想に勝って、笠松に負けた」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一発逆転ファイナルレース!

Dvc00352

「よしっ!1着5番シースレスくんっ!
 2着7番サンマーシャルちゃんっ!
 3着6番ハイスピードバイオちゃんっ!
 馬連、三連複的中っ!
 3番人気、4番人気、1番人気だから、馬連で結構取り戻せるんじゃ……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに最終メインレース

Dvc00348

「ついに最終レース、宵待草特別か。
 今日は最終レースがメインレースなんだな。
 ここで何とかしないと、って、何もしない方がいいような気もするんだが。
 それにしても笠松って独特だよな。
 ああやって誘導馬に先導されて、装鞍所からパドックへ馬が来るんだよな。
 他の競馬場じゃあまり見られない光景だな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオ、ドツボにはまる

Dvc00347_2

「う~ん、1着2着は当たったのに、3着が……
 えっ?馬連の配当が2.9チャリン?
 そんなにつくんなら、三連単なんか狙わなくても、全額馬連の2-6につぎ込めばよかったんじゃん。
 やっぱり笠松、難しい……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠松競馬場で働くおじさん

Dvc00346s

「笠松にもいるんだな。白旗振るおじさん。
 スタートで問題があったりすると、騎手に旗振って知らせなきゃならないんだから、結構命がけのお仕事なんだよなぁ。
 こんなに暑いと、熱中症とかも心配だけど、あと2レースがんばって!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準メインレース前のゴール前

Dvc00345s

「笠松競馬、本当に厳しいんだなぁ。
 結局、競馬そのものの面白さでお客様を引きつけないことには長続きしないしなぁ。
 どうしたもんじゃろの~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残り2レース、未だ当たり1つ

Dvc00344

「はや、11レースかぁ。
 そろそろ当てないとなぁ。
 この前の10レースは三連単10万馬券が出てるし、笠松だってあきらめなければチャンスはあるんだ。
 でも、良さそうに見えるブルーミングランドちゃんと、キラメキオトメちゃんは人気だし、どう買ったらいいんだろ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マナーのいい笠松の客

Dvc00343s

「……席取りをする必要のないくらい、お客がいないってことよね。
 暑いから、こういう席でモニター見ながらの方が楽かも知れないけれど、やっぱり生でないとね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おでん再び

Dvc00342s

「あんまりおいしかったので、大根のおでんおかわりで~す!」
「こんにゃくもおいしそう!」
「トレイからこぼれそうな大きさだね」

「これで一串1チャリンだもん、やっぱりお得よね。
 シシオも食べなさいよ、どうせ笠松じゃ賭けるだけ損するんだから」
「でもなぁ、賭けないと笠松競馬場の収入にならないからなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえば

Dvc00341s

「さっきから何か変だ変だと思ってたら、着順表示がないんだ。
 故障中なのか。う~みゅ。
 修理する予算はあるのかな?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブービーに沈む

Dvc00340

「最後に1頭かわしたけど、9着ブービーかぁ。
 なんか、コタの菜七子騎手中継みたいな結果になっちったなぁ。
 これじゃ、あんまりコタに自慢できないなぁ。
 まあ、木之前騎手もサジカゲンちゃんも、またがんばれよっ!
 もしも、菜七子騎手と対戦するときがきたら、俺は葵騎手応援するからさっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出遅れ

Dvc00339_2

「あっちゃ~、サジカゲンちゃん、いきなり出遅れたみたい。
 最後方かぁ。
 ま、まだ1周あるっ!
 こっからこっからっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でへへ

Dvc00338

「コタだったら、ここらへんで『でへへ、かわいいからもう一枚載せちゃお』とか言うんだろうな。
 えっ?俺?
 もちろん載せるけど。でへへ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来たぁ!木之前葵騎手!

Dvc00334

「来たぁ!木之前葵騎手!
 名古屋競馬所属の女性騎手!10日に23歳になったばかり!
 デビュー4年目にして、すでに167勝!今年3月には新春ペガサスカップで重賞初勝利!
 昨日はそのときのカツゲキキトキトくんと組んで大井のJpnI、ジャパンダートダービーに参戦して、6着と健闘!
 そしてすぐさま自転車で笠松に参戦っ!
 8着だった今日の6レースは、おでんを食べていて見損なっちったけど、ここでなんとか勝利を挙げてもらって、コタに『シシちゃんいいなぁ、ずるいなぁ』って言わせてやるんだもんね。

 ……ん?俺、何言ってんだ?
 なんか俺が俺でないような??」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオにコタが乗り移る?

Dvc00333s

「がるるるる。シシオ、のんきに笠松の馬券の勝ち方考えている場合じゃないのよ。
 気合入りまくりの入れ込みまくり。
 今日の9レースはビックイベントなのよっ。
 頼むよぉ、サジカゲンちゃん。
 ここまで門別と名古屋で1勝ずつ挙げているとはいえ、このところ調子を落としてここ4戦はブービーより上に来たことがない体たらく。
 とはいえ、今日勝つと、こたたまにっきに永遠にサジカゲンちゃんの名前が残るのよっ!
 こんなビッグチャンス、めったにないんだからねっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠松恐るべし

Dvc00331_2

「やった!オヤカタが一着っ!三連単当たったっ!
 やっぱり逃げ残りの展開になった!
 逃げ馬中心に選んで正解っ!
 これで今日は黒字確定かな!?

 ……えっ?配当3.6チャリン?
 ………ええっ?俺、三連単当てたんだよな?
 …………大赤字じゃん。笠松、やっぱり恐るべし。どうやったら黒字になるんだろう?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびマイ初めてのとんちゃん

Dvc00329s

「とんちゃんで~す。
 とんちゃんってなにかしらね~。
 やっぱり1チャリンで~す」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レースはド迫力、馬券はいつも通り

Dvc00328

「やっぱり地方競馬は馬が近くて迫力あるなぁ。
 結局先行した3頭でそのまま決まったか。
 よしよし、3頭とも選んで……あれ?3頭とも選んでるのに、外れてる?
 なんで?俺?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大満足の唐揚

Dvc00327s

「唐揚で~す」
「くしにささってるの~」
「これも一串1チャリン。しかもこのボリューム。
 笠松の食堂のお姉さんたち、もう少し商売っ毛があってもいいと思うわ、あたしでさえ」
「はくりたばいでがんばってま~す」
「お客さんがもう少し入ってほしいわよね、多売のためにも」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばる食堂コーナー

Dvc00326s

「寂れてはいるけれど、がんばってるわね、笠松の食堂コーナー。
 入場者がまばらな中での経営は大変でしょうね。
 待ってて。今あたしが片っ端から食べてあげるから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本馬場入場

Dvc00325

「そうだった。
 返し馬の方がパドックより馬が近いんだった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整列、一同礼っ!

Dvc00324s

「う~ん、地方競馬の礼儀が正しいんじゃなくて、JRAが乱れ過ぎているんじゃないのか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騎手はバスで登場

Dvc00323s

「そうだった。騎手はバスで登場するんだった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出したっ!

Dvc00322

「そうだったっ!
 パドックの位置が思い出せない、思い出せないと思ってたけど、内馬場だったんだっけっ!
 客席からはコースを挟んで馬が遠いんだった!
 しかも、気性に問題のある馬は、1周くらいしたら装鞍所に戻っちゃうんだった!
 ああっ、なんか俺の笠松黒歴史があれこれと……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイちゃん大絶賛、寿屋のおでん

Dvc00320s

「競馬の前に、まずは寿屋のおでんで~す!」
「朝から何も食べずにこんな僻地まで来たのはこのためよっ!
 暑い夏にこそ、アツアツのおでんよっ!」
「マイコっ!僻地なんて言っちゃダメだろっ!」
「おねえさんが、だいこんよくしみたのをえらんでくれました~っ!」
「玉はんぺんのおでん、も味がしみてるね~!」

「やっぱり、名古屋地方は味噌味が独特でおいしいわね」
「大根も、玉はんぺんも、後を引くおいしさ!しかも1本1チャリン!安いっ!」
「すばらしいわっ!笠松競馬っ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リベンジなるか?笠松競馬場

Dvc00319s

「あれ?なんで笠松競馬場に来ているんだ?
 今日は名古屋泊まりじゃなかったっけ?」
「そうで~す。名古屋泊まりなので、笠松競馬場に来ました~!」
「B級グルメ~!」
「あれもたべたいね~。これもたべたいね~」

「ここって、馬券が外れても当たっても赤字っていうイメージしかないんだけど、俺」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして名古屋?

Dvc00318s

「あら、この地下道、イラストなんてあったかしらね?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗換10分、しっかりゲット

Dvc00317s

「東京駅で乗り換え10分。
 しっかりゲットしたわよ、横浜づくり。
 えっ?これはいらなかった?
 お~ほほほほほほ。じゃ、飲んじゃおうかしら。まだ11時前だけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のバカップル&愚息

今日のバカップル&愚息

ケンカでもしたの?

さつきくんは、関係ないみたいだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗換10分、きっちり仕事

Dvc00316s

「いなほ4号の到着が遅れて、新潟駅で新幹線への乗り換えわずか10分!
 きっちりゲットしたわよ。新潟づくり!
 しかも、新幹線改札外のNewDaysでゲット!
 改札内のNewDaysは売り切れだったのよ!
 この感の良さっ!
 あたしをお褒めなさいっ!なあちんっ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行けども行けども

Dvc00315s

「海がず~っと見えていたら素敵なんだけどね。
 たまに思い出したように、ぽっと見えるのよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海を行く

Dvc00313s

「注連縄があるなぁ」
「あのしめのまんなかをきると、りゅうじんがとびたつのよね~」
「ちびマイ、今朝も雨、降ってたじゃん」

「そう。あの注連縄の下には、龍神じゃなくってとっくりと蛸があるのよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝6時38分

Dvc00311s

「うぬぬぬぬ、朝早すぎて、朝食バイキング食べそこなったじゃないのよっ」
「そういうな。今日は長旅なんだから。なんたって、酒田から名古屋まで移動するんだからさ」
「次来るのはいつになるんだろ?」
「まいちゃん、みなとくん、またあえるかな~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルのレストランで

ホテルのレストランで

「酒田のホテル、ちっと市の中心地から離れてるんだよな。
 自転車借りるのに1時間半かかったくらいだから」
「ま、まわりには吉野家とか後楽園とか、大きなチェーン店もあるんだけれど、こういうときこそホテルのレストランよ」
「今日の晩御飯は上田カツカリーで~す!」
「さかたなのに、うえだで~す。さなだまるで~す。うどうちゃん、みてる?」

「ルートインのレストランでは定番らしいけどね。
 結構ボリュームもあるのに、これが0チャリン!」
「えっ!夢のような話ね」
「なんか、あっちのおじさんが御馳走してくれるって」
「……あっちのおじさん、ありがとう!
 でも、おごってもらえるんならビールも頼むんだったわ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール7

シシオの気になる酒田のマンホール7

「これも旧酒田市の巨大マンホール。
 実は、日本マンホール蓋学会にも掲載のない珍しいタイプ……かと思ったら、斜めに割れるところが経年劣化で磨り減ってわかりにくくなってただけだった。とほほ。
 それにしても、新酒田市のマンホールを一つも写真に撮ってなかった俺って、引き、悪っ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール6

シシオの気になる酒田のマンホール6

「こちらも観光客を意識したマンホールで、山居倉庫をデザインしているんだ。
 前に酒田に来たときには、山居倉庫の近くのホテルに泊まったから、俺も見たけれど、明治時代の倉庫でなかなか風情があるんだよな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール5

シシオの気になる酒田のマンホール5

「これはカラーバージョンの小型版かな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール4

シシオの気になる酒田のマンホール4

「観光スポットの一つ、本間家旧本邸近くで見つけた、観光客を意識したマンホールだ。
 酒田市の花であるトビシマカンゾウ、市の鳥であるイヌワシ、それと観光名所の一つ飛島をデザインしているんだそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール3

シシオの気になる酒田のマンホール3

「こちらはカラーバージョン。
 市の中心地、観光地に近いところは、カラーマンホールが多いみたいだな。
 市章から、やっぱり旧酒田市のものだってわかるな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール2

シシオの気になる酒田のマンホール2

「こちらは、同じデザインの小型マンホール。
 うまくまとめてあるよな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる酒田のマンホール1

シシオの気になる酒田のマンホール1

「酒田市は、平成17年に旧酒田市といくつかの町が合併してできた市なんだよな。
 そういうのを前もって先に知っておくと、もうちょっと細かく調べられたんだがなぁ。
 このマンホールは、旧酒田市時代のもの。
 なぜわかるかって言うと、千石船の市章が旧酒田市のものだからなんだ。
 六角灯台と、酒田港に千石船っていう全体のデザインは変わっていないそうだ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9時から雨予報

9時から雨予報

「まじ?雲ひとつないのに?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リラはん、無防備

リラはん、無防備

リラはん、やはり、人間一人だと、余裕でくつろいでいます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あこぎな一番搾り

あこぎな一番搾り

「47都道府県の一番搾りが話題になっているけれど、実はそのほかに、各ビール工場からのメッセージが入った特別デザイン缶の一番搾りも出ているんだ。
 これはその東北版。
 これが、スーパーだと6缶パックじゃないと買えなかったりするんだ。
 う~ん、この旅、どれだけキリンビール買うことになるんだ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜は駅弁で

夜は駅弁で

「今日の晩御飯は、酒田駅で買った庄内弁で~す!」
「小さな箱に、これでもかっていうくらいたくさんのおかずが詰め込まれているの」
「メインはめじか鮭、つや姫、だだちゃ豆を使っためっこい巻き。
 見た目以上にボリュームがあるんだ」
「すきやきもはいってるね~」
「蒸し玉子は鶴岡の名物なんだって~」

「漬物だけも温海の赤かぶ漬、藤沢かぶの甘酢漬、民田なすのからし漬といろいろ入ってるんだ」
「お米は鶴岡産つや姫、野菜は庄内産、豚は庄内豚で、お米を食べて育ったっていうこだわり。
 地産地消の見本のようなお弁当ね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちん塩をふく

とうちん塩をふく

「うげっ。えんがちょ。
 これを洗うのか?俺?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青い空、青い水

青い空、青い水

「いやぁ、空が青いなぁ。
 水も青いなぁ。
 こんなことなら、最初から景色を楽しんでいればよかった。
 ○○づくりのばかぁ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

根本的な間違い

根本的な間違い

「がちょ~ん。酒田市って、山形県じゃん。
 秋田県じゃないじゃん。
 山形造りは来月の発売じゃん。
 なんのために苦労してきたんだ、俺?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここまで徒歩1時間半

ここまで徒歩1時間半

「苦節1時間半、ようやく無料レンタル自転車・酒田のシシマイ号ゲット!
 前に酒田に来たときは、ホテルで借りられたから楽だったんだけど、今回は苦労したなぁ。
 これでジオンはあと10年戦える……じゃない、これで市内の酒屋をめぐって、秋田づくりをさがせるな」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島へ渡る船

島へ渡る船

「酒田市のすぐ近くにある飛島に渡るのに実際に使われていた最後の島船なんだそうだ。
 船の本体は天然の秋田杉をくりぬいて作られていて、漁に使われていたんだって。
 昭和40年代くらいから少しずつなくなっていったそうだけど、こういうのを保存しておかないと、昔の人の知恵っていうのが失われちゃうからなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みなとくんも一緒

みなとくんも一緒

「お兄ちゃんのみなとくんも一緒だったか。
 いや、よかったよかった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒田のちびマイと再会

酒田のちびマイと再会

「駅にいないから、心配したよ、まいちゃん」
「ホント、いつから酒田市立資料館に移動してたのよ?」
「また会えてよかったね~」
「ちびマイなのに、でかいよね~、まいちゃん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがちな話

ありがちな話

「酒田も酒田ラーメンを観光の一つの売りにしたいみたいだな」
「自家製麺を使っている店が多いみたいね。ここ味好本店も自家製麺なのね」
「スープがおいしいね」
「ねぎからいね~」

「でも、ラーメンを売りにしているところって結構多いから、これで観光客が来るかっていうと微妙な気もするなぁ」
「まあね。おいしいからいいけど」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まずは腹ごしらえ

まずは腹ごしらえ

「酒田のホテルに到着したのはいいけれど、ずいぶんと市の中心とは離れたところの宿なのね。
 これからキリンビール秋田づくりを探さなきゃいけないっていうのに。
 そもそも、秋田駅にあんなに秋田づくりの旗が飾ってあったのに、肝心のビールが一本も売ってないってのがどうかしてるのよ。
 ま、腹が減っては戦はならぬ。まずはお店が昼休憩に入る前に腹ごしらえをしなくっちゃね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本海を行く

日本海を行く

「あ、日本海だ。きれいだなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になるD51

シシオの気になるD51

「みんなのあこがれ、デゴイチだ。煙室戸だけの展示だけど。
 なんで秋田駅にあるかって言うと、D51 554は土崎工場つまり、現在の秋田総合車両センターで製造されたからなんだってさ。
 故郷に帰ってきたってところかな、ちびシシ。
 あれ?ちびシシ?どこだ?せっかく男のロマンを語っているのに……」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シシオの気になる秋田のマンホール

シシオの気になる秋田のマンホール

「秋田のマンホールは、竿灯まつりをデザインしているんだな。
 中央は秋田市章。的に『矢留』の形と秋田の『田』の字を表しているんだな。
 矢留っていうのは、秋田にあった久保田城の別名なんだってさ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋田のよじろう

こ奴か!

「あなたが秋田のよじろうかぁ。
 駅伝開くなんて、凄いなぁ。
 ま、うちのよじろうの筈はないな。ヤツに秋田を仕切る器量はないもんなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よじろう駅伝?

よじろう駅伝?

「駅伝ん?
 よじろうのくせに生意気な。
 あれ?字が違うか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんだかな兄妹

なんだかな兄妹

なんだかな~。
シーツもぐり&追いかけっこ、そんなに楽しいのかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さびしがり屋のとうちんのために

さびしがり屋のとうちんのために
朝からなあ、そういう冗談やめてくれないかな。
ホテルにいるときくらい、新聞ゆっくり読みたいんだよ、俺だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビがつけられない

テレビがつけられない

リラはん、そこに陣取られると、テレビがつけられないんだけど・・・。

リラ : 知らんわ。

| |