« パドックそっちのけトークショー | トップページ | いざ出陣 »

サンデーサイレンス最後の現役馬

サンデーサイレンス最後の現役馬

メンコはあきらめるとして、勝ち負けになりそうな5レースシュガーラブ賞のビュレットライナーくん。
なんと御年14歳。熊猫で言うと一体何歳?
岩手競馬には13歳馬も12歳馬もいなくて、ダントツの最高齢現役馬。
それなのに、去年は23戦も走ったらしいよ。
通算成績は159戦して19勝ってどんだけ走ってんのよ。
しかも、お父さんはあの伝説の大種牡馬、サンデーサイレンス。
ビュレットライナーくんは、七冠馬ディープインパクトくんと同じ年に生まれたんだって。
サンデーサイレンス産駒で現役なのはビュレットライナーくんと、園田競馬でがんばる、13歳ダークドーンくんの二頭だけ。
長く現役でがんばるっていうのも凄いことだよね。
ビュレットライナーくん、160戦目となるこのレースで、見事20勝目なるか?
ちっと不安材料なのは、ダート1000メートルでは3着が最高成績なんだよね。
好成績を収めているのは、ダートでは1300~1400メートル戦。
距離が短いのがどう影響するかな?

|

« パドックそっちのけトークショー | トップページ | いざ出陣 »

競馬16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンデーサイレンス最後の現役馬:

« パドックそっちのけトークショー | トップページ | いざ出陣 »