« 歓喜の前で | トップページ | その差2㎝ »

勝ってた

勝ってた

あっ!やっぱりデムーロさんが勝ってた!
チューリップ賞の1着2着で決まったね!
ただ、本番は順番が逆に。ジュエラーちゃん、ハナ差で雪辱を果たしたね。

桜花賞にかける、ジョッキーと調教師とオーナーの執念かな?

デムーロさん、桜花賞がどうしても勝ちたいレースだって言っていたし。弟にもアユサンで先を越されてるしさ。
ジュエラーちゃんのお祖父さんのネオユニヴァースで、皐月賞、ダービーの二冠達成。
外国人ジョッキー初の日本ダービー制覇だったんだよね。
そして、そのネオユニヴァース産駒のヴィクトワールピサくんが、あのブエナちゃんを振り切って3歳で有馬記念を制覇した時は、ちっとがるるだったけど、東日本大震災で、大きな悲しみと不安に覆われていた日本に、日本馬初のドバイワールドカップ優勝で、元気と勇気と希望を与えてくれたよね。
そして、そのヴィクトワールピサ産駒のジュエラーちゃんで、待望の桜花賞制覇!しかも今日はデムーロさんのお嬢さんの誕生日なんだって。本当にスペシャルな日になったね。
デムーロさんはイタリア人だけど、こんなにも、日本馬との繋がりをもって、日本と日本競馬を愛してくれているんだね。

藤岡師も、先週の高松宮記念のビックアーサーからのG1連勝。
厩務員だったお父さんを見ながら育った子供の頃から阪神競馬場で、開催される唯一のクラッシック桜花賞は、どうしても勝ちたいって言ってたね。7度目の桜花賞挑戦での初Vだもんね。
ジュエラーちゃんのお姉さんのワンカラットさん・サンシャインさんも藤岡厩舎から桜花賞にチャレンジして、それぞれ、4着・10着と跳ね返されていたからね。見事、妹がリベンジしてくれたね。

馬主さんに至っては、初めてのG1制覇!なんと、あの、G1で2着9回を誇る、シーキングザダイヤくんの馬主さんなのよ!中央G1、23回目の挑戦での初V!

本当に、関係者みんなの思いを一身に背負って、ジュエラーちゃん、ハナ差踏ん張ったんだね。

|

« 歓喜の前で | トップページ | その差2㎝ »

競馬16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝ってた:

« 歓喜の前で | トップページ | その差2㎝ »