« 一団でゴール | トップページ | 夢のケンタッキーダービーへ »

中継前にうれしい知らせ

P3260881

ベルカントちゃんは悔しい結果になっちったタケユタカ騎手。
実は放送が始まる前に、既に一つ、大仕事を成し遂げていたんだよね。
3歳馬が競う、G2のUAEダービー。ダートの1900メートル戦。
このレースは日本からユウチェンジくん、オンザロックスくん、ラニくんが参戦。
7頭立てと少頭数になったメンバーの中で、イギリスのブックメーカーの圧倒的な人気は地元のポーラーリバーちゃん。牝馬で、コタとしても気になるところ。
日本馬の中ではなぜかダート初挑戦のユウチェンジくんの前評判が高くて、オンザロックスくんはそこそこ。ラニくんに至っては、競争以前に牝馬に近づけると大変っていうところで大騒ぎしている始末。中学生男子か、ラニくんっ?
レースはスタートでラニくんが躓いて、タケユタカ騎手落馬寸前。
そこからなんとか立て直して、道中は他が集団となる中で一頭だけぽつんと最後方。
ま、この位置は躓かなくても、いつも通りなんだけど。
バックストレートでラニくん早くも進出開始、3コーナーではすでに外の3番手の位置に出して最後の直線へ。
こっからが凄かった!
残り400ではモレイラ騎手のユウチェンジくんが先頭、ラニくんが2番手で壮絶な追い比べ。
一時ユウチェンジくんが抜け出して、残り200では2馬身差。
これは勝負あったかと思ったら、なんとユウチェンジくんが失速。
追い出しが早かったのか、距離が長かったのか?
残り100でラニくんが捉えて逆転、そのまま3/4馬身の差をつけてゴール!
いやぁ、凄かった。
2着がポーラーリバーちゃんで、ユウチェンジくんは3着。オンザロックスくんも最後はがんばって6着に健闘したね。

|

« 一団でゴール | トップページ | 夢のケンタッキーダービーへ »

競馬16」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中継前にうれしい知らせ:

« 一団でゴール | トップページ | 夢のケンタッキーダービーへ »