« 冬至の恒例行事:だいごろう、落ち込む | トップページ | シロしろ »

イエナカ猫集会

イエナカ猫集会

「ぼく、ねむいんだも~ん。ねむいからここにいるんだも~ん。どかないよ~ん」
「とうさん、シロさんはああ言っていますけど、どうします?
 三人そろうと、ちょっとせまっくるしいんですよねぇ。
 かじっていいですか?」
「……おう、やっちまえ。
 だいたい、黒味が足りないくせにこの家に居座りやがって。
 シロぴょんのくせに、生意気なんだ。
 誰が先輩だかも忘れてるし……
 って、そこの小さいのっ。お前こそ、誰が先輩だかわかってんのか?
 大体、とうさんじゃねえだろっ」

|

« 冬至の恒例行事:だいごろう、落ち込む | トップページ | シロしろ »

」カテゴリの記事

コメント

「外は寒いし、目障りでしょうが、ちっと我慢してやってください」
「とうさん、シロさんがああ言ってるし、だいぶ冷え込んでいるようだから、我慢してやってよ、ねぇ」

「・・・む、黒味が足りねぇが、まあよいだろう、その辺にいろ。
誰が大将か忘れるなよ!」

投稿: シナモン | 2009年12月23日 (水) 07時34分

シナモンさん、かじっていいですか

投稿: タッタ | 2009年12月24日 (木) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエナカ猫集会:

« 冬至の恒例行事:だいごろう、落ち込む | トップページ | シロしろ »