« 焼漬ぶりいくら弁当 | トップページ | 名古屋城のにゃんこそのにゃん »

夏から秋へ

夏から秋へ

サントリーのいえもんさん。
夏のれい茶がまだあって、秋のほうじ茶が発売されたよ。
夏から秋へうつって行く、きせつのうつりかわりが、こんなところにも出ているんだね。
れい茶は、水出しまっ茶なんだ。
てん茶を低温でじっくり入れてすっきりしたウマ味出したんだ。
水出しまっ茶の、じぶみのないすっきり感がひんやりして夏にぴったりだよね。
そして、ほうじ茶の方は、春つみの茶葉を、ひと夏じっくりねかせて、じゅくせいさせたんだ。直火でじっくりとあぶって、こうばしさ満点。
ほうじ茶は、体をあたためる作用もあるから、すずしくなってくる季節のお茶なんだね。
色でも、涼しさと温かさがわかるよね。
昔の人って、自然とそうやってちゃんと季節の変化にあわせて、食すものをかえていたんだね。

|

« 焼漬ぶりいくら弁当 | トップページ | 名古屋城のにゃんこそのにゃん »

サントリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏から秋へ:

« 焼漬ぶりいくら弁当 | トップページ | 名古屋城のにゃんこそのにゃん »