« 猫鍋への道3 | トップページ | 猫鍋完成! »

猫鍋への道4

猫鍋への道4

一回り大きな鍋を用意したら、あっさり中に収まったタッタであった。
やはり小さいだけだった。
拍子抜けする「こたたまにっき猫鍋制作委員会」メンバー一同であった。

|

« 猫鍋への道3 | トップページ | 猫鍋完成! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫鍋への道4:

« 猫鍋への道3 | トップページ | 猫鍋完成! »