« ○マみかん | トップページ | 犯猫?確保! »

特命教育係、ただのヨイチ5

特命教育係只野よいち

「おまたせ~、だいちゃん。なんの……
 あれ?九奈ちゃん?呼び出したのはだいちゃんじゃないの?」
「ヨイチ、よく来たわね。待っていたわよ。
 あなたの特命教育係としての活躍はよく知っているわ。
 またあなたに協力して欲しいんだけど」
「それはいいけど……
 だいちゃんは?どうしたの?」
「ああ、あの役立たず?
 シベリアに左遷したわ」
「さ、左遷……?」
「大丈夫。ちょっと冷えて帰ってくるだけのことよ。
 それより、テンのことだけど……」
「あっ!そういえば、一昨日、昨日と続けて悪事を働いたって……
 新聞紙ぐちゃぐちゃにしたり、お菓子の袋をずたずたにしたり……
 まさか、テンちゃんまでシベリアに……」
「そうよ。よくわかったわね。
 こう毎日、家中を荒らすようじゃあね。
 あたしの怨みがどんなものか、思い知らせてやるわ。
 三味線屋送りも検討したんだけど、まあ、今回はシベリアで我慢しとくわ」
「が、がぁ~~ん!そ、そんな……」
「というのは冗談よ。
 最近、抜け毛がひどいから、とうちんみたいになる前に先生の所に連れて行って欲しいだけよ。
 観念して、大人しく自分から出頭してるし、身柄確保はあたしも手伝うから、送検をお願いするわ」
「身柄確保……送検……やっぱり犯猫扱いじゃ……」
「まあ、ちょっとおどかさないと、あたしの気も晴れないしね」
「九、九奈ちゃん……なんかこわい……」

|

« ○マみかん | トップページ | 犯猫?確保! »

ごっこ遊び」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特命教育係、ただのヨイチ5:

« ○マみかん | トップページ | 犯猫?確保! »