« 突貫杉並木 | トップページ | 葡萄に木鼠 »

国宝・瑞巌寺本堂

国宝・瑞巌寺本堂

「瑞巌寺は平安時代の828年に開創された古いお寺なんだけど、さまざまな紆余曲折があった末、伊達政宗公が今に伝わる大伽藍を完成させて、今のような体裁のお寺になったんだそうだ。
 当然、伊達家との縁の深いお寺なんだな。
 本堂は1604年に着工、5年かかって、1609年に完成したんだ。
 材料はわざわざ熊野から運んで、京都や根来の大工が技を競って作られたんだ。
 中の欄間の彫刻や、障壁画が見事なんだけど、堂内は撮影できないんだ」
「昔の偉い人は、ここでどんなエラいご馳走を食べたのかしらねぇ?」
「意外と質素だったって言うけどな、昔の武将は」

|

« 突貫杉並木 | トップページ | 葡萄に木鼠 »

神社・仏閣05-07」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝・瑞巌寺本堂:

« 突貫杉並木 | トップページ | 葡萄に木鼠 »