« 駒千日記:茶室の本堂 | トップページ | 駒千日記:本堂の鬼瓦 »

駒千日記:元は120 年前の古民家

駒千日記:元は120<br />
 年前の古民家

こちらのキャクデンは明治27年にたてられた新がたの古いみんかのケン材なんだって。
今でもクギをつかわずに、その当時のケンチク方法と同じようにつくったらしいよ。
このカモイ、ぐるっと一しゅうまわるように作られているんだけど、1ヶ所だけずれているんだ。それは古いみんかのころも同じで、何でも、かんぜんなものは良くないっていう日本人の古くからのしんこう何だってね。
すごいね。新しいたて物だけど、古くから時を重ねてきたザイリョウと、ぎじゅつをサイゲンして作られたんだね。
しょく人さんも大変だったろうけど、こういうココロミがあると、なくなってしまうギジュツもケイショウされていくよね。

|

« 駒千日記:茶室の本堂 | トップページ | 駒千日記:本堂の鬼瓦 »

神社・仏閣05-07」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒千日記:元は120 年前の古民家:

« 駒千日記:茶室の本堂 | トップページ | 駒千日記:本堂の鬼瓦 »