« 時に西暦1710年(宝永7年)5月 | トップページ | 八重桜は今が盛り »

五人の百姓

五人の百姓

「映画のタイトルにもならないわね」
「五人百姓だけが、こんぴらさんの境内で商売できるそうだ。
 ただ、売っているのは加美代飴っていう鼈甲飴だけだけど」
「もっと色んな物、商えばいいのにね」
「ま、それなりに故事来歴があって、他のものは売らないんだろうな」

|

« 時に西暦1710年(宝永7年)5月 | トップページ | 八重桜は今が盛り »

神社・仏閣05-07」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

そういえば、こんぴらさんの参道の一番下に、駕籠屋さんがいるんだが、これも大門までなんだ。
大門から先は商売しちゃいけないんだってさ。

投稿: シシオ | 2006年4月20日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五人の百姓:

« 時に西暦1710年(宝永7年)5月 | トップページ | 八重桜は今が盛り »